ビジネスを資産に変えられなかったマクドナルド兄弟の話~中編

「金持ち父さん貧乏父さん」という本で、
『資産とは、お金がお金を産む仕組みを作ること』
ということを話しているんですけど、


今から数年前、私の当時の勤務先のお得意さんが、
親に借りた700万円を元手に不動産投資を始め、
たった3年で年収2億にしてしまったんですよ ((((;゚Д゚))))
当然、不労所得です!!


その人、

「いやぁ、『信長の野望』ってゲームをね、
 むちゃくちゃやりこんでたんですよ。
 そしたら、自分にもできる気がしてねー。あはは」


だそうで…_| ̄|○ il||li
ビジネスの種って、案外近くに落ちてるんだなー(遠い目)



書き始めたらむっちゃ長くなってしまったこの話。
前回の続きです。

⇒ ビジネスを資産に変えられなかったマクドナルド兄弟の話~前編



空前の自動車ブームに乗って、
ドライブインを始めたマクドナルド兄弟。


彼らはその他大勢のライバルとは一線を画して、
徹底的なサービスの質と、効率化を図りました。


当時、マルチミキサーという、
ミルクシェイクを作る機械のセールスをしていた
レイ・A・クロックは、


自分の受け持っていた顧客の中にいたマクドナルドという人が、
なんであんなにマルチミキサーを買うのかなぁ、と、
シカゴからカリフォルニアまでわざわざ出向きます。


そこで見たのは、あふれんばかりのお客さん、
8台も並べられたマルチミキサーがぶんぶんフル稼働する様子、
たった15秒おきにさばかれていく手際の良い応対、
パリッと糊の利いたシャツを着て働く従業員、
チリひとつない駐車場…


その2号店の写真はこちら




そこに、底知れぬビジネスの可能性を見たクロックは、
マクドナルド兄弟にさっそく持ちかけます。


「私とフランチャイズの独占契約をして欲しい」と。
クロックは、こうして、マクドナルドという看板を得て、
全国展開をはじめたんです。


クロックは、まず、フランチャイズオーナーを募集しました。


当時、フランチャイズ契約では、
馬鹿高いフィー(加盟料)を課し、
儲けを骨の髄まで搾り取るのが一般的でした。


納入業者と結託して、仕入れにまで手数料を課し、
働けど働けど儲けが出ないのが普通だったんです。


でも、クロックは真逆の道を選びました。


フィーは極限まで下げて、
自らは6年間、無給で働いたんです。
納入業者にだって、一括仕入れする見返りに値引きを要求。


現に、当時、フランチャイズの店からあがる収益のうち、
クロックの会社の取り分が1.4%、
マクドナルド兄弟に払う分が0.5%。


この低さは異常ですからねー。


まずは、こうして、徹底的に、
相手(フランチャイズオーナー)を儲けさせたんです。


フランチャイズの各店が成功すれば、
それが全体の繁栄になる、と考えたから。


だから、クロックは、給料も取らず、
私財を切り崩し、生命保険を担保に借金までして、
そのすべてをあけっぴろげに語りました。


これが信用を呼び、志望者は次々現れました。


ところが、クロックはシカゴ在住、
ビジネスはカリフォルニア、
目の行き届かない間に、
クロックのマクドナルドはめちゃくちゃになってました。


勝手に肉に混ぜ物をしてかさ増しするわ、
ピザやホットドッグを売ってる店もあるわ、
勝手に値上げしている店もあるわ…


マニュアルを守らず、目先の小銭に釣られて、
本質を見失ったビジネスをしていたんです。


そこでクロックは、目の届くシカゴに、
直営店をオープンさせます。


これが、いわゆるマクドナルド1号店、
「デスプレーンズ店」ですね。


自らも足しげく店に通い、
休日には駐車場整理を買って出て、
「あのディックとマックの店のように」と、
高い質のサービスを追及させたんです。


フランチャイズオーナーの募集でも、
クロックは異彩を放っていきました。


フランチャイズオーナーの志望者は、
「金儲けになるだろうから」と、『投資』目的で集まります。


クロックは、それを許しませんでした。

「このビジネスは投資じゃない。
 現場に情熱を傾けられる人を求めているんだ」と。


そんなクロックの元に、
ベティ・アゲートという女性が訪れます。


彼女は聖書の飛び込みセールスをしにきたんですが、
ひと目でそんなマクドナルドにほれ込み、
夫と二人でフランチャイズをはじめます。


夫はグリルで肉を焼き、
妻はカウンターで売りさばく。


夫妻は、あのディックとマックの兄弟のように、
徹底的に「当たり前」を「圧倒的」に変え、
マニュアルを守り、そして、信念を貫いたんです。


たった3年で、巨万の富を築き上げたアゲート夫妻の話は、
瞬く間に広まっていきました。


そして、アゲート夫妻の話を聞きつけて、
「自分も起業したい」という志望者が殺到したのです。


ビッグマックもフィレオフィッシュもエッグマフィンも、
こうした「起業家フランチャイズオーナー」の発明です。


クロックは、パートナーシップを組む、
納入業者たちにも言い続けました。


「今、直ちに儲ける必要などない。
 マクドナルドが10,000店を超えたときの儲けを想像してみたまえ」



しまった…この話、もうちょっと続くかも…。


今回のクロックの話、
あなたがビジネスをする上で、
絶対に曲げてはいけない話なんだよね。


まずは、お客さんを裏切らないこと。


勝手に値段を吊り上げたり、
ミョーなものを売ってみたり。


お客さんをごまかして稼げるのは
所詮、その場の小銭なんだから。


カリフォルニアのオーナーたちは、
それが分からなかったんだよね。


逆に、信念を貫いたアゲート夫妻は、
莫大な富を手に入れることになったんだ。



そして、徹底的にビジネスパートナーを育てること。
価値観、理念、実践レベルにいたるまで、
徹底的にこだわり、相手を育てるってこと。


私たちの「アフィリエイト」という仕事だって、
まさにそうなんだよ。


読者さんを育てて、儲けてもらって、
そのとき、自分にはそれをはるかに超える、
巨万の富がやって来るんだよ。


アフィリエイトも含めてビジネスってさ、
お金さえ出せば収益が降ってくるようなもんじゃないんだ。


クロックが切り開いたみたいな、
ビジネスのモデルを築くんだよ。


さて、ビジネスモデルを最初に築いたマクドナルド兄弟が、
つかみ損ねた巨万の富の話。


今日で完結するはずだったんだけど、
明日に続きます。次は絶対最終回だ!( `・∀・´)ノ

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ