おしるこゆうざん

子供の頃テレビでやってた「美味しんぼ」ってあったでしょ?


子供心にずーと印象に残ってた話があって、
その話はむちゃくちゃうろ覚えだったので、
どんな話だったのかを今さら調べてみたんですけどね。


その話、甘味やさんの話で、
まぁ、お汁粉とか、ぜんざいとか、あんみつとか、
そういう、甘いものを出すお店のストーリーだったのね。


どうも、「恋とお汁粉」っていう話だったらしく、
その話がえらくインパクトがあって、
ずーっと覚えていたんですけど。


まぁ、ざっとおさらいすると、
甘味どころの娘かよと、老舗和菓子屋の息子が恋に落ち、
結婚したいってことになったのよ。


でも、甘味どころの娘かよは一人娘なんで、
和菓子屋の息子が婿に来なきゃいけなくて。


でもまぁ、そもそも和菓子屋の息子なんで、
多少ウデに覚えはあったのね。


だから、和菓子で培ったウデがあれば、
甘味どころくらい継げるさ♪ってな感じで、
さっそくぜんざいだのお汁粉だの、作って披露したの。


そこはさすがに和菓子屋の息子。
上品でおいしいぜんざいやお汁粉をどんどん作るんだ。


ところが、かよのお父さんは「素人料理だ」って一蹴。
『お客さんに不誠実だ』って言い放って去ってしまうの。


何がどうダメなのか、途方にくれるかよと和菓子息子。
で、主人公山岡に相談するの。


山岡は和菓子息子の振舞う料理を食べて納得。
こんな感じのことを言うんだよ。(まぁ、大体こんな雰囲気)


「甘味どころに来るお客さんは、
 強烈に甘いものに飢えているんだ。


 でも、普段はビシッと決めた会社員とか、
 甘いものなんて興味もないようなフリのおじさんとかね。


 甘味どころに入るなんて女子供じゃあるまいし、
 カッコ悪いし恥ずかしい。


 でも、でも、甘いものが食べたくてたまらないって、
 まるで禁断症状でも出たみたいになって、
 意を決して飛び込むようにしてやってくる。


 そんなお客さんが欲しいのは、
 いくらでも食べられる上品な和菓子の甘さなんかじゃない。


 たった1杯で手足がしびれるほど満足させる強烈な甘さだ。
 それが甘味どころのお汁粉の使命だ」


あぁ、納得!!!
なんか、いろいろ納得するよね~。


『お客様に誠実』って、
自分の基準じゃなく、相手の状況だもんね。


昔「笑っていいとも!」で明石家さんまも言ってたけど、
マックのドライブスルーに一人で行って、
誰も見ているわけじゃないけど、どーしても、
「バニラシェイク」って言えなくて、
「アイスコーヒー」って頼んでしまう。


大の男がそんなもの・・・みたいな、プライド?
でも、でも、実はバニラシェイク大好き。


あー、これは実際たくさんあったなぁ。
意を決するように、それこそ何か思いつめたみたいに、
なぜか声をひそめて「バニラシェイク」っていうミドル男性。


多分さ。
ネットビジネスの入り口で立ち尽くす初心者の気持ちって、
こんな感じもすごく大きいと思うんだ。


見たい、知りたい、やってみたい。
でも、でも・・・みたいな。


だからさ、考えるんだよ。
私ができる「1杯で手足がしびれるくらい甘いお汁粉」って、
どんなコンテンツなんだろうって。


でさ。
意を決して声をひそめて注文したバニラシェイクをさ、
客席の隅っこで幸せそうにチュウチュウしてる
ミドルエイジのお客さんのあの満足げな顔、
忘れられないなぁ・・・なんて、思ってみるのでした。

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ