アフィリエイター漫画家論

年内に完成させるはずだった
デザイン系の専門ブログのメインコンテンツが、
驚くほど遅々としてすすんでなくって、
もう私のやる気すら疑われるレベルだったりするんですがw


そこに、動画をのっけているんですよ。
⇒ http://youtu.be/CF2Zeqjcsl0


webデザインって漫画家みたいなもんだ、
という珍説だったりするんですよねw


で、まぁ、webデザインだけじゃなくってさ、
アフィリエイターって漫画家みたいなもんなんで。


漫画家ってさ、

● 監督
● 作家
● 脚本家・シリーズ構成
● キャラクターデザイン
● 衣装や化粧などのスタイリスト・ヘアメイク
● 背景(舞台セット・大道具・小道具)



などなど、全部一人でやるじゃん?
映画やドラマなら、何十人ってスタッフみんなでやるものを、
たった一人、紙とペンだけでやるんだよね。


で、出来上がる作品は、
オリジナリティがないといけないし、
かといって読者がついていけないものは売れないし、
「オリジナル」と「売れる」の境界線にいるんだよね。


いくら会心の出来でも、
売れなきゃ生きていけない世界だしね。


その図式がねー。
今の自分の仕事とむちゃくちゃシンクロするんですよ。


PC1台で、一人、
全部自分で作り出すっていう作業の中で、


「売れる」と「オリジナル」の境界線で、
どうやって展開させていこうか、
そういうのを悶々と考えながら、


独りよがりにならないように、
読者さんの反応を見たり、
あっと驚く企画はないかと頭を使ってみたり。



でもさ、多分、
世の中の多くのアフィリエイターって、
この「漫画家的思考」が欠けているんだと思うんだよね。


オリジナリティと売れるの境界線、
ここへの意識が弱すぎる。


書けば何でもいいわけじゃないし、
どこかで見たような展開ってのも、
読者さんにはもはや受け入れてはもらえないし。



でもさ。
実際スカイプとかで話を聞くと、
面白いバックボーンを持っていたり、
むちゃくちゃ人懐っこい人だったりで、


いや、それ、それっすよっ!!
そのキャラ、そのまま使えばいいんですよ!


ということが多々、マジで多々、あって、
なんだか、「書かなきゃいけない」っていう束縛感とか、
「誰かに見せるものだから」というよそ行きな感じで
表現が小さくなっちゃっているケース、多いんです。


ほら、私たちってさ、
漫画家みたいなもんなんだよ。


多少電波な話をしたって、
大丈夫( `・∀・´)ノ 漫画だもん!みたいなノリで、


作業工程はまさに漫画家そのもの。
キャラを活かして、ストーリー作って、
企画、構成、そういうものの全部を一人でやるんだよ。


ブログとかメルマガってさ、
漫画家の作品みたいなもんなんだよね。


・・・という思考で記事書いたら面白いよね!?
と、今日はそんな独り言でした(笑)



P.S.

そう考えたら漫画家ってすごい職業だなぁ・・・
でもさ、
私たちも漫画家と変わらないくらい、
面白い仕事しているんだもん。

ぶっ飛んだほうが面白いよね(笑)




P.S.

こっちはホント、順調にお買い上げいただいてます。
⇒ http://moririn.net/dl/akademireta.pdf


うちのトレンドチームでも、
成果報告がガンガン来てて、
トレンドってマジですごいと改めて実感。


とはいえ、以前みたいな芸能ネタ系のトレンドだったら、
相変わらず猛反対してたと思うけどね。


ロングレンジ狙う手法なら成果が衰えないから、
オートレンダー+ロングレンジトレンドアフィリ、
これ、マジで最強だね。

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



“アフィリエイター漫画家論” への2件のフィードバック

  1. もりりんさん

    お久しぶりです、カピティです^^


    漫画家的思考。

    ホント漫画で売れてる人ってストーリーが面白いですよね。

    キャラ設定とか伏線とか、
    計算した完成図(ビジョン)を感じます。

    どうやったら、面白くなるか、
    キャラ同士の掛け合いとか、因縁とか、いろいろ。


    >いや、それ、それっすよっ!!
    そのキャラ、そのまま使えばいいんですよ!


    ということが多々、マジで多々、あって、
    なんだか、「書かなきゃいけない」っていう束縛感とか、
    「誰かに見せるものだから」というよそ行きな感じで
    表現が小さくなっちゃっているケース、多いんです。


    もりりんさんはこの部分を、
    モロに出されてますよね。
    (隠してるとこがあったら、すいません。)


    『よそ行きな感じで、表現がちっさくなっちゃてる』

    ドキッとしましたよ。
    自分の事言われてるみたいで。


    今は自分自身と格闘中です。
    絶対に負けられない戦いがそこにあります。


    PS:ちょっとブログを引越しましたので、
       相互リンクの修正をして頂ければ幸いです。


    カピティ

  2. ユキリミ より:

    応援に来ました!ポチッ!!!
    ブログ読んでで勉強させていただきます

    図々しいですが・・・こちらも
    相互応援してくれると嬉しいです!
    また応援に駆けつけます!
    高みを目指してお互い頑張っていきましょう☆
    http://ameblo.jp/yukkiinfo

サブコンテンツ

このページの先頭へ