品定めばかりうまくなって実践しないサポートコレクター

 >これまで、いくつも商材を買っては実践できず
 >たくさんの方のサポートを受けても稼げませんでした


    でも、でも、


 >どうしても稼ぎたいです!
 >もりりんのサポートを受けたいです
 >どうか、よろしくお願いします!!



という、悲痛な叫びとともに、
教材を買ってくださる方がメールを下さって、


   『 師匠っ!! 』とか、

   『 先生っ!! 』みたいな、


熱烈なメールを下さることもあるんですが。

まぁ、正直、かなり「違和感」を感じていて、
その「違和感」って、なんだろうと思っていたのですが。。。

昔、ある小説に、こんな言葉があったんです。

     「師匠と弟子の関係は、他の何よりも厳しいものだ。
      師匠が黒と言えば、どんなに白く見えても黒なんだ。
      その意味が分かるまで、師匠の言うことは絶対だ」

この言葉、うまいこと言うな~と感心しつつ、
まさに真理なんだよねー。


『師匠っ!!教えてくださいっ!』と、教えを請う以上、
「自分は白だと思うから師匠は黒と言っても私は白!」
みたいな人は、弟子として失格だ、というんです。


今日は、少し前に、本当にあった出来事を、
赤裸々にお話したいと思います。



その方(仮称A)さんも、
そんな悲痛な叫びをあげていた一人です。

 >もう、アフィリエイトをはじめて2年になります。
 >毎日記事を更新して、がんばっています。


 >けれど、商材は1本も売れたことはありません。
 >無料オファーすら、成約しません。


 >私はどうしても、アフィリエイトをやめたくないんです。
 >どうか、私の師匠になってください!!


最初は、こういう感じのアプローチでした。


「まぁ、一緒にがんばろうねー!!」って感じで、
サポートがはじまったんです。


Aさんのブログは、独自ドメインでワードプレスの、
結構きれいに作ってあるブログではありました。


けれど、Aさんが2年更新し続けた記事を見て、
『売れない理由』は痛いほどよく分かりました。


  >「アフィリエイトは続けることが肝心です(キリッ」

  >「最初の3ヶ月間は無報酬期間があるんです(キリッ」

  >「でも、あきらめなければ夢は叶うんです(キリッ」


毎日毎日、中身の無い、説得力の無いマインドの話。
これがまた・・・超絶に面白くない。


そりゃ、そうだよねー。


だって、『売れたこと』が無いのに、
『売れたことがある』かのような記事を、
さも見てきたかのように書き続けなきゃいけないんだもん。


それで面白い記事が書けるなら、
いっそ、小説家にでもなったほうがいいよ。


いや、馬鹿にしてるんじゃないよ?


そのくらい、ハードルの高いことをやっている、
ということなんだよ。自分の首を絞めているよね。


案の定、Aさんに聞いたところ、
ブログの訪問者は1日30人ほど。


メルマガも発行しているけど、
読者が30人しか集まらなかったそうです。


私は内心、「やっぱりね・・・」と思いつつ、
2年間、こんな記事ばかり、せっせと書き続けた時間と労力を思うと、
なんだか、私のほうが無性にくやしくなってきて、


「絶対、稼げるようになろうね!」と、
スカイプで約束したんです。


で、さっそく、簡単な打ち合わせで、
課題を2つほど決めました。


2年、成果が出せなかったブログです。
それは、記事やデザインがどうこう言う前に、


  君には隠されたチカラが眠っているんだよ
    解き放ってごらんよ、ちゃんと私がついてるよ


と、自分に自信を取り戻すところからのスタートでした。


それは、プラシーボ(薬の雰囲気をしたラムネ:偽薬)かもしれないし、
『おだて』や『気休め』かもしれないんだけど。


けれど、Aさんには、特効薬のはずでした。


翌日、翌々日、Aさんは課題をこなし、記事を書き、
「どうですか???」と、意気揚々とメールをくれました。


その記事は、あの、
「アフィリエイトの無報酬期間は・・・(キリッ」みたいな、
いかにも売れない典型的な記事から一転。


人間味のあふれる、こっちが麦茶をブーーーーーッッッ!!
と吹き出してしまうような、イキイキとした記事が、
書けそうな片鱗が、見え始めていました。


「すっごーーーいっっ!!」と、ほめる私、
どんどん自分に自信がついていくAさん。


このままいけば、Aさんも、1ヶ月くらいで、
初報酬もいけるな、という感じだったんです。


けれど、5日ほど経ったころ、Aさんは消えました。


気になって、メールを送ったら、
こんな返事が来ました。

 >もりりんさん、この度は、本当にありがとうございます。
 >この5日で、随分、自分でも変わったと思います。


 >そこは、心から感謝していて、
 >かえって言い出しにくかったのですが、


 >もう、もりりんさんから十分話は聞いたので、
 >今度は○○さんのチームに申し込んだんです。


 >そこには、僕のように、まだ稼げていない人が、
 >10人くらい参加していて、


 >毎日、チャットで会話しながら、
 >お互いがんばろう、と言い合っています。


 >今なら、自信を持って一人で実践できると思います。
 >これまで、本当に、ありがとうございました。



とまぁ、こんな感じです。


このとき、私は、Aさんが、ろくなアウトプットもせず、

聞きかじった断片的な情報だけで分かった気になって

せっかくの指導を次々と無駄にしてきたんだな、と知ったのです。



『愚直にやってみる』前に、


 >「なんか、面倒そうなことはしたくない」
 >「いままでのやり方を変えるのはなんとなくイヤだ」
 >「ってか、自分より後から来た人に偉そうにされるのはヤダ」
 >「ってか、まだ上手じゃないのに人に見せるのはイヤだ」


などと、せっかくのサポートや熱心な指導を、
勝手に台無しにしていたのでしょう。


自分が成功するために、恥をしのんで添削を受けることや、
自分よりキャリアの浅い人がどんどん追い抜いていくのが
いたくプライドを傷つけて、素直に成長できないのかもしれません。


その上、『ノウハウコレクター』ならぬ、
『サポートコレクター』と化した今、


 >あー、よくある指導だけど、前も効かなかったからパス
 >うわー、コイツ、うざっ!!鬱陶しいからパス
 >あ、肝心なノウハウさえ聞ければいいの
  あとはこっちでやるから、アンタは肝心なことだけ話せばいいの


などと、サポートを『品定め』する能力ばかりが身についちゃって、


  結局、

   >あー。今のまま、何も変えずに、
    苦労することも無く、努力することも無く、
    稼ぎだけが降ってくればいいのに。


   >あー。なんか、自分よりキャリアの浅い集団に入れば、
    先輩っぽい顔もできるし、
    ひょっとしたらあっさり売れるかもだし、
    面倒な努力しなくてもチームメンバーの恩恵があるかも。



という、『 妄想 』を、教えてくれる人に対して
押し付けていたんだろうな、と。

    「師匠と弟子の関係は、他の何よりも厳しいものだ。
     師匠が黒と言えば、どんなに白く見えても黒なんだ。
     その意味が分かるまで、師匠の言うことは絶対だ」


私にとって、Aさんとの出来事は、最初はムキッとしましたが、
冷静に考えれば考えるほど、かけがえの無い反面教師であり、
今、心のそこからAさんに感謝しています。


じゃぁ、分かった、指導者の言うことを盲目的に聞けばいいんだろ?
と、極端な話になってしまう人もいるんだけど、
そこらへんはまた次回!



P.S.

だからといって、私は、

 >さぁ、ひざまずきなさい
 >私をあがめてたたえなさい
 >口答えするんじゃないわよ

的なサポートは大っ嫌いなのです( `・∀・´)ノ



P.S.2

あ、で、ついでに。
「師匠」とか「先生」ってーのも、
勘弁してくだされ><

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



“品定めばかりうまくなって実践しないサポートコレクター” への1件のフィードバック

  1. [...] 読んでない方はこちらからどうぞ。 で、いただいたメールに多かったのが、 [...]

サブコンテンツ

このページの先頭へ