地球標準語というナンセンス2

思わず続きになってしまった「エスペラント語」の話。
昨日のメルマガを見逃しちゃったよって方は、こちらから。


その「エスペラント語」ってね、もともとは、
200年位前、ユダヤ人のお医者さんが、
「誰でもカンタンに習得できる、世界の共通語を」と、考えたの。


で、昨日のお話では、言葉というのは文化の個性、
同様に、あなたのブログにも、個性が大事だよ、って話と、


エスペラント語を習わないと生活に支障が出るくらい、
実生活で困る事態にならないと、
人は「エスペラント語を真剣に学ばなきゃ!」とは思わない、って話。


ちなみに、

「みんなが習わないなら、私も習わなくていいや」と思うことを、
『社会的証明』といいます。


まぁ、みんながすることに追随しないといけないと思う、
みんなと同じなら、なぜか安心する、という心理ですね。


逆に考えれば、

「みんなが買うのなら、私も買わなきゃ」と思わせることで、
商品を売っていく、というテクニックも、ライティングの基本。


もうひとつ、稼げている人は、独自の文化の個性を持っているし、
「今、行動しなきゃ、ヤバいよ?」という危機感や、
「行動したら起きる、あなたの素敵な未来」を、
ちゃんと読者さんに伝えているんだよ、という話。


そこまできたんだけど。


実際、「エスペラント語」ってのは、
非常に身近にあるんだよね。


例えば、「ヤクルト」。
jahurto(ヤフルト)=ヨーグルト って意味。


他にも、「ホンダ シビックフェリオ」。
 Ferio(フェリオ)=休日 って意味。


こんな風に、知らないところで、実は使われているの。


それに、つい2週間前、Googleの提供する
オンライン翻訳サービス「Google Translate(Google 翻訳)」で、
エスペラント語の翻訳サービスが開始されています。




     へ~~~っ!そうなんだ!!

              ヤクルトが・・・




こうなれば、一気にエスペラント語に親近感が出るよね。



       ( ̄□ ̄;)!!



人ってさ、こういう、「自分の身近」さを感じると、
人が変わったように、ぐいぐい話を聞いてくれるの。


プロフィールを詳細に、とか、
ブログタイトルは属性を絞ってキーワードを盛り込む、とか、
日記記事が大事、感情が大事、ってのも、一部当てはまるね。


そんなエスペラント語の昨日のメルマガに、
お便りをいただいたの。


なんと、世界的に有名な投機家の、
ジョージ・ソロスって人がいるんですけど、
その方は、エスペラント語を母語として話すのだそうです。


おぉっ!そうだったのか!!
で、調べてみました。


このジョージ・ソロスさん。
去年のデータで個人資産が220億USドル!!
「ヘッジ・ファンドの帝王」と呼ばれ、世界を牛耳る人の一人です。


ソロスが真剣に、ゆうちょ銀行の資産に圧力をかければ、
いい感じで「ちゅんっ!」と日本は沈んでいきますから怖いですね~。


実際、イギリスをごっそり沈めたり、
ジョージ・ブッシュ再選に圧力をかけたりしています。


彼の親御さんがエスペラント作家で、
幼い頃からエスペラント語を教えていたそうです。


エスペラント語を母語(生まれてはじめて習う言葉)として
話す人は、世界に2,000人いないとされているので、非常に珍しいです。


と書くと、今度は、「ソロス」という人の『権威』を借りて、
エスペラント語=すごい言葉 と見せることもできますよね。



       Σ( ̄Д ̄;)



ほら、ライティングって、大事でしょ?
ただ、自分の思ったことを書くだけじゃなく、
読者さんの心理を捉えて、ゆさぶるの。


おんなじマニュアルを使っているのに、
瞬く間に稼げるようになる人と、
がんばっても成果に結びつかない人の違いは、
ここを磨くか磨かないかの差なんだよ。


一番いいのは、本を読むこと。
ビジネス書でも、小説でも、マンガでも、
テクニックを吸収したり、感性を磨いたり。


そして、書くこと。
書かなきゃ、いくら知識があっても、
テクニックは磨けないもんね。




P.S.

ただし、マニュアルを持っていない人は、
まずはマニュアルから、だね。


じゃないと、どんなにいい文章を書いても、
誰にも読んでもらえなきゃ、意味がないもん。
⇒ http://moririn.net/csc/a/unrimited.html

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



4 Responses to “地球標準語というナンセンス2”

  1. 一条景子 より:

    こんばんは、一条景子です。
    ブログランキングよりお邪魔させていただきました。

    ブログ右上の仕掛け面白いですね。

    あとこちらの記事は知らないことというか
    普段は目にすることがないことが書かれていて
    新鮮でしたw

    応援ポチ!です♪


    一条景子

  2. ラクス より:

    はじめまして!ラクスといいます。

    エスペラント語ってどこの国の言葉ですか?

    そういえば、マニュアルはあるけど
    実行したら大変なことになりました(; ̄ー ̄A アセアセ

    応援ポチリンコ♪

  3. もりりん より:

    一条景子さん、ありがとうございます^^

    ぴらぴらするのは、「ページピール」っていうんですよ^^
    かわいいでしょ~~~「980円ペイパル」という商品です。

    また、遊びに来てくださいね\(*´▽`*)/

  4. もりりん より:

    ラクスさん、ありがとうございます。

    エスペラントは、「地球標準語」として、
    200年くらい前に開発された言葉です。

    だから、自然発生的にできた、どこかの国の言葉ではないんですよ~^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ