泣いた赤鬼にみるマーケティング失敗談

読んだよ~~。これ。


地雷屋さんの
元ひきこもりニートがリアルに教える! 脱ニート完全マニュアル


想像以上に面白かった( ̄∇ ̄*)ゞ



ニート=ダメ人間っていう世間のレッテルと自己嫌悪から
どうやって脱却するかが書いてあるんだけどね。


その、モチベーションコントロールは、
かなり面白いですねー。


あったかい布団の中でやる気なんか出ない、

「やる気出せ」でやる気が出たら苦労しない。


だよねー。


でさぁ、このモチベーションのコントロールなんだけどね。
ふと、思ったことを、今日は書いてみちゃおうかな。



で、「泣いた赤鬼」の出番です。唐突だけど。


「泣いた赤鬼」ってさぁ、泣くよねー。
泣いたわよ。私も。豆まきするのが忍びないくらいにね。


人間の友達が欲しい赤鬼くんのために、
友達の青鬼くんがひと肌脱いでやって、


結果、人間の友達ができた代わりに、
青鬼くんという友人を失う物語。


でね。


この赤鬼くん。
人間の友達が欲しくて、お茶やお菓子を用意して、


家の前に「心のやさしい鬼のうちです。どなたでもおいでください」
って、看板まで設置するのね。


当然、村人なんか来やしません。
だって、いくら「心のやさしい」って書いてあっても



      【 鬼 在中 】



って書いてあるんだもん ((((;゚Д゚))))


この時点で、いろいろ、コンセプト設計とか、
コピーライティングに問題があるとしか言いようが無いよねw


「心のやさしい」という言葉と「鬼」という言葉、
この相容れない言葉を並列に並べて、
「心のやさしい」を優先せよ、と言う方に無理があるし。


フツーの人は、「鬼」を優先しますからねー。


「鬼」・・・「心がやさしい」・・・「ウソだ!」・・・「殺される」でしょ?
行かないよねー。普通。。。


「心がやさしい」・・・得をするかもしれない情報

「鬼」・・・恐怖の対象


ならば、恐怖を避ける、損をしない方に、
フツーの人は全力を傾けるのです。


だから、せっかく、友達が出来るかもって、
そわそわワクワクしてた赤鬼くんなんだけど、



    誰も来てくれない~~~_| ̄|○ il||li



で、モチベーションが保てなくなります。
せっかくの看板を、引き抜いてズタズタにするんです。


この状況。


ブログを作って、「どなたでもおいでください」と言いながら、
『何か買わせる気マンマン』という【鬼】の雰囲気をかもし出している、
どこかの誰かさんのブログと一緒じゃん?


で、「結局稼げないじゃんヾ(*`Д´*)ノ”彡☆」って、
ブログを閉鎖してしまう。


おいおい・・・こらこら、ですよ。。。


この時点で、唯一の集客装置である「看板」に、
重大なエラーがあるわけですからねー。


根性がどうこう、モチベーションがどうこう、
とかいう以前の話だったりしますよね。


まず、村人たちに、赤鬼くんと仲良くすると得られる
ステキな未来が明示されていない、


赤鬼くんと仲良くするとどれほど得か、
分からないもんねー。


「近寄ると殺されて食べられる」という恐怖を
払拭できるほどの価値を感じさせていない、これ、大問題。


にもかかわらず、当の本人は、
お菓子を用意したり、お茶を入れたりしてて、
まったく、チカラの入れどころを間違っているんだなぁ。。。


コピーライティングを磨いたり、
集客方法を再考するとかする以前に、
せっせとブログカスタマイズ【だけ】に走ってしまうんだよ。




     。゚・(ノД`)人(´Д`)人(Д` )・゚。




このあと、赤鬼くんは、青鬼くんをサクラにして、
村人を助けるという小芝居を打つことで、
村人にはじめて『感謝』を「与える」んですね。


で、してもらったら、もっとしないと気が済まないという、
『返報性の原理』で、ようやく村人集客に成功します。


赤鬼くんには、青鬼くんというチートアイテムがあって、
その青鬼くんがやたら「いい奴」だったりするから、
今回はたまたま救われたかもしれないけど、


こういうホワイトホースは
みんなに必ずやってくるようなものじゃないし、


下手をしたら、「村人はクズばっかりだ!」と、
「恨み」に変わる可能性だってあったんだよ。




    ( ̄□ ̄;)!!




で、さらに、赤鬼くんの失態は続きます。


村人と仲良くなって、信頼関係を構築した段階で、
「青鬼くんはいい奴だ」という啓蒙をすべきだったのね。


村人と、隔てなく仲良く出来ている状態なら、
「実はあのとき・・・」ってカミングアウトしても、
村人の信頼は損なわれなかったハズ。


むしろ、
「赤鬼くんがいいって言うんだから、いい奴だ」と、
歓迎してもらえたと思うのね。


この、情報発信で見事に失敗。


村人の誤解を解くチャンスと、
青鬼くんという稀有な友達を失います。


青鬼くんがどこか遠い地で、
一人やさぐれている姿が痛々しくてたまりません><



あー。あんなに切なくて、泣いたのになぁ・・・
泣いてる場合じゃないんだよ、鬼も私も。


などと、考えてみた夏の午後でした。


     (・∀・)

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ