荒木飛呂彦氏に学ぶジョジョ的ターゲティング

「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・」
「無駄無駄無駄無駄・・・」



といえば、はい。ジョジョですね。


で、何が言いたいのかというと、
昨日、スカイプのグループチャットで教えてもらって、
久々に昼間からテレビを見たのね。


見たのはなんとこれ。
⇒ 「NHK高校講座


昨日さぁ、「ジョジョの奇妙な冒険」の著者、
荒木 飛呂彦氏による漫画講座ってのをやってたの。


これ、スゴイから!!


何がスゴイって、ここで、荒木氏のマンガのキャラの作り方を、
ワークショップで実践しているのね。


荒木氏は、ひとつのキャラを作るために、
60項目にものぼるキャラ設定をするの。




    60項目!!((((;゚Д゚))))




これ、マジですごいと思った。


キャラのお父さんの性格とか、お母さんの勤め先とか、
キャラが何に恐怖して、どんな癖があるかとか、
事細かに設定されているんだよ。


でさぁ、なんで、それをわざわざここで?
ってことなんだけどさぁ。


この、たった15分の動画を見るだけで、
自分の頭の中が変わるから!!



    と、いうのも・・・



最近、サポートしてて痛感するんだけど、
自分が誰に向かって情報発信しているのか、
自分でちゃんと分かってないっていうケースが多すぎる!!


だから、雲だか壁だか、なんか、
血の通ってなさそうなものに情報発信しちゃうというか。


せっかくの情報発信が、伝わらないっていうかね。


「まぁ、ブログ立ち上げたばっかりだし、
 どーせ誰も見てないから」


ってーのはダメですぜ?


例え、リアルで見てくれている人がゼロだとしても、
あなたの脳内には架空の読者さんがすでに住んでて、
あなたの記事に笑ったり泣いたりうなずいたりしてなきゃ。


なんなら、モンタージュ写真も作れるくらい、
架空の読者さんをありありと感じてなきゃいけないの。


昨日、『脳内トレース理論』の話をしたんだけど、

自分の頭に浮かぶ映像を読者の脳内に再生させる

というのが、ストーリーテリングの一番大事なところ。


これが出来れば、言いたいことはほぼ、伝わるのよ。
でも、そもそも、


「映像がモヤモヤしててうまく言えない」

「そもそも、自分の頭に何も映像が無い」



っていう状態だと、相手の脳内に、
映像を見せることなんて絶対に出来ないよ?


だから、せっかくの情報発信も、
言いたいことがブレてしまって伝わらないよ、と。


だから、まずは、自分の頭の中に、
架空の読者さん(ペルソナ)を、キッチリ作ってほしいの。


でね、ペルソナちゃんに、一番伝えたい「コンセプト」を、
たったひとことで伝えて欲しいの。


その、たったひとことのコンセプトを、
さらに引き立てるために、キャッチコピーを考えてほしいの。


そして、そのキャッチコピーで得られる未来が
ペルソナちゃんの脳内に映像で浮かぶように、
画像やデザインで後押しして欲しいの。


これが、私の「稼ぐwebデザイン」の考え方。


この、最初のペルソナちゃんを作る方法、
たった15分の動画が、ありありと教えてくれるよ!
⇒ 「NHK高校講座

NHK、やるなぁ・・・


情報を発信するお仕事をする以上、
外せないターゲティングの部分を、
超・的確に教えてくれるから、見ておいてね!

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



“荒木飛呂彦氏に学ぶジョジョ的ターゲティング” への1件のフィードバック

  1. [...] まぁ、以前、こちらの記事でも書いたので、 参考にしてもらえれば、です。 でもさー。 [...]

サブコンテンツ

このページの先頭へ