AMUROフィルター

そういえば、そういえば、なんだけど、
作ったことすら忘れていたサイトから、
amazonの売り上げがあったりして、
久々にamazonの報酬履歴を見ていたら、
「たまごっち」が売れてたりしてびっくりしてみました。


で、あぁ、たまごっちといえば・・・みたいな、
そんな話をしてみたいなと思います( `・∀・´)ノ


もう、かれこれ15年くらい前だと思うんですが、
「たまごっち」って、爆発的に売れたんですよね。


それはもう、やばいくらい売れたんです。


どんくらいやばいかと言うと、
たまごっち目当てに車上荒らしとか強盗が発生して、
それに「たまごっち狩り」という名前までついて、
社会現象と化したくらいやばかったんですよ。


事件の発端は、確か、
安室奈美恵がテレビのトーク番組で、
「たまごっちっていうゲームに夢中♪」と発言したこと。


当時、安室奈美恵と言えば、
それはそれは絶大に売れていて、
出す曲が軒並みミリオンだったりしてたんですね。


まぁ、小室哲哉が一番調子に乗っていた時期でもあり、
メディアが多様化する前の最後の国民的アイドルだったのよ。


で、安室奈美恵の真似をする「アムラー」なるギャルが
うじゃうじゃと街を闊歩してたしね。


そんな大人気だった安室奈美恵が、
テレビで「たまごっち」を紹介したもんだから、
翌日、日本中の店頭からたまごっちが消えうせ、
そこからパニックに近いたまごっち争奪戦が繰り広げられたんだ。


バンダイだって製造が全然追いつかず、
店頭に入荷できない状態が続いてねー。


「手に入らない」と思うと、
ますます手に入れたくなるのが人情ってもんじゃない?


で、もう、異常なまでに過熱して、
たまごっちを持っていることがすごいステータス、
みたいになったんだよね。


そんな時、当時、高校生だったうちのイトコが、


「たまごっちってさ、先月まで、
 東急ハンズでワゴンに山盛り、投げ売りされてたのに、
 あの時買っておけばよかった・・・_| ̄|○ il||li」


って、むちゃくちゃ嘆いていたんだよ。


まぁ、たかだか2000円程度のおもちゃだったし、
買おうと思ったらいつでも買えるよね。


でも、東急ハンズで投げ売りされてたら欲しくもならないんだけど、
”あの”安室奈美恵がハマってるっていうし、
みんな欲しがっているし、持っている子は鼻高々だし、
つかみ損ねた女神の前髪を悔やんで悔やんでねー。。。





       ・・・・・・でもね?





これってさ、「安室奈美恵」というフィルターがなかったら、
多分あそこまでの騒動にはならなかったよね?


だって、手に入れようと思えば、
いつでも手に入れられたのに、
欲しくならなかったんだもん。


だから、イトコにとって、
たまごっち自体の持つ価値なんて、
大したことはないんだよ。


でもそこに、
● 人気絶頂の安室奈美恵というフィルター
● どこに行っても手に入らない「希少性」というフィルター
● 友達みんなが欲しがっている「社会的証明」というフィルター


そういう、何層ものフィルターがかかって、
大して欲しくもなかったものが、
熱烈に「欲しいっ!!」ってなったんだよね。


私たちみたいに、情報発信で稼ぐ仕事で、
一番大事なのは、


 【 いかに、フィルターをかけていくか 】


だと思うんだ。


 【 どういう価値を感じさせるか 】


とも言えるよね。


その、どういう価値を感じさせるかってのは、
決して、たまごっちの機能がどうとか、
ましてや値段が安いとかじゃなく、


自分の目から見てどうだ、という、
『自分フィルター』だと思うんだよ。


フィルターってさ、空気なり、液体なり、
そういうものを通過させると、余計なゴミを取って
きれいにしてくれるじゃない?


フィルターを通すと、きれいな空気とか、
ゴミが取れたてんぷら油とか、
ジャリジャリしないコーヒーとか、
こう、何と言うか、『心地いい』ものができるでしょ?


ほら、「価値」が生まれるじゃない?


自分フィルターを通すことで、
新しい価値を感じてもらったり、
余計な情報をそぎ落として、
心地いい情報だけをお届けしたり。


自分フィルターを通さない情報発信ってさ、
コップの泥水を、そのまま別のコップに移すのと変わらないよね。


自分フィルターを通して、
泥をろ過したり、雑菌を取り除いたり、
イオン的なものをプラスしたりするのが大事なんだよ。


だから、
「私のフィルター」っていう要素、
これは絶対に忘れたらダメなんだね。

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ