出来ようが出来まいが出来ると思えば出来るのです

私の母は、私が13歳のとき、他界しました。


まだ、私は13歳でしたから、何をすることも出来ず、
けれども、ませガキでしたから、今、起ころうとしていることは、
ハッキリ認識していて、自分の無力が悔しかったですね。


そんな、母との思い出を、ご紹介したんですが、
本当に、たくさんのメッセージをいただきました。


少しですが、一部を抜粋してご紹介しますね。




3回、読んだよ。今日の。
2回目のとき、
ぴったりのBGMがうかんだ

アメイジング・グレイス

携帯に入れてるんで、
エンドレスで流しながら、
3回目を読んだ。

涙で、前が見えなくなった。



亡くなって初めて親に対する感謝の気持ちが分かりますよね
俺も3年前に親父が糖尿病からの合併症で脳梗塞、腎不全で他界しました

あれほど嫌いだった親父が死んで骨になってしまうと
あ~もう顔見れないんだな~
飲みに誘われた時行ってて良かったな
とか思いました
今でも天国から 頑張れよ、と
言ってくれてる気がします

あれほど鬼のように怖かった親父が
情けなく思えた最期の場面でした

喪主で皆さんに挨拶しましたが
涙が止まりませんでした
俺の子供に初めてみせた涙でした

人間いつかは死にます
後悔しない死に方をしようと今日は強く思いました

もりりんさん
ありがとう



素晴らしいメールありがとう。
もりりん先生のお母さまのお話、涙が出ました。

仕事つまらなくて、いつも死にたいと思っていましたが、
とんでもない誤りでした。


本当に、ありがとうございます。


母は、34歳までしか、生きることが出来ませんでした。
私は、母が生きられなかった、35歳から先の人生を、
母と2人分、目いっぱい生きていこうと、ずっと心に誓っていました。


母が生きられなかった分、私が見せてあげる。
母が出来なかったことを、私がしてあげる。


だから、無責任な生き方や、怠惰な人生では、
私はともかく、母の分の、責任が果たせない、
2人分の人生を堂々と謳歌できる、チカラが必要だ・・・


その35歳を迎えようとしたとき、
当時の私には、全くチカラがありませんでした。


人生を謳歌するには、マクドナルドは忙しすぎました。
ろくなプライベートもなく、食べる、寝る、働く、の繰り返し。


人生を謳歌するには、「自由な時間」が必要でした。


けれども、転職することで「自由な時間」を得た代償は、
ビックリするほどの低賃金でした。
生活するのがやっとの給料で、どうやって自由を謳歌できるでしょう。


人生を謳歌するには、「自由なお金」も必要でした。


あっちを望めば、こっちが引っ込み、
こっちを優先させれば、あっちがめちゃくちゃになる。


やはり、何かをガマンしないといけないのかなぁ、と、
あきらめかけたこともありましたが、
でも、母に、35歳からの人生を見せてあげるって決めた、
あの約束だけは、絶対に果たさなければいけない・・・


だから、私は、就職するという考えを、半ば捨てていました。
どうせ、就職したところで、お金か、時間かを犠牲にして、
会社に首輪を付けてもらっても、約束は果たせないですし。


ただ、自分で事業を起こすには、
莫大な資金が必要です。


マクドナルドを退職し、自分で事業をおこすために、
取っておいた大事なお金は、ワーキングプア時代に、
すでに食いつぶしてしまっていました。


そんなときに、アフィリエイトに出会ったんです。


PC1台あれば、実践できる・・・ボロいPCならうちには3台もある!
初期投資が極めて低額ですむ・・・5万円なら、準備できる!


自分の人生を切り開けるかもしれないチカラを、
ようやく見つけました。


もちろん、稼げるようになる保障など、どこにもないし、
だまされて、ひどい目にあうのかも知れないんだけど、
このまま、悶々と、人生を垂れ流すよりは、
ダメ元でチャレンジしてみても、まだ、やっていける。


このとき、周囲には、ひどいことを随分言われました。
狂ってる、とか、だまされてる、とか、
そういうのは何度言われたか分かりません。


けれども、ただひとり、こう言ってくれた友達がいました。
うまくいく商売ってのはね、確信があるんだよ


その友達は、マクドナルドの同期であり、
すでに退社して、複数の事業をしています。
その彼女が私に言ってくれたんです。


「自分で、出来るって思ったら、出来るんだよ。
まわりが何と言おうと、関係ないの。
失敗するかもしれないとか、微塵も思わないの。
根拠なんて全然無いよ。でも、分かるんだよ」


彼女の言うとおりでした。
サーバーとか、ドメインとか、さっぱり分からなかったけど、
不思議と、失敗する気がしないんです。


失敗したところで、ヤケドするほどの
大きな初期投資が必要ないことも、後押ししてくれました。


私は、「失敗するかもしれない」って思ったら、
負けだと信じることにしました。


信じ続けたら、出来るものは出来るんです。


しかも、ありがたいことに、ノウハウは消えないの。
ブログ構築に失敗しても、アンリミのノウハウは消えないでしょ?


だから、もし、もりりんのブログやメルマガが、
この世から消えてしまっても、
私にはアンリミで培ったノウハウやテクニックがあるんだもん。


いくらでも、また、作り出せるんだよ。
ゼロになっても、ゼロじゃないの。


こう、びゅんっ!と腕を振れば、
新しい私が、いくらでも作り出せるの。


私は、昨年の4月に、ものすごい武器を手に入れたんです。
もし、PCがクラッシュしても、
もし、アンリミのデータがぶっ飛んだとしても、
いくらでも、何度でも、立ち上げることができる、
自分の、自分だけの、稼ぎのための手段。


それが、私にとっては、「アンリミテッドアフィリエイト」でした。
アンリミで得た知識やスキルは、
いつでも、私の頭の中にあるんだから、
もう、何にも怖くないし、ガマンもいらないの。


ただ、「失敗したらどうしよう」とだけは、
絶対に思わないようにしたし、今となってはさらさら思えないよね。
そうやって、ここまで、アフィリエイトに向き合ってきたんです。


私の友達は、あのとき、さらにこうも言いました。


「あんた、今、ホントに楽しそうだね。
今、あたしに話したみたいに、楽しそうに書きつづけなよ。
あんたがイキイキ話していたら、まわりは勝手にイキイキするんだから


この言葉の重みが分かったのは、もうちょっと後だったなー。
最初は、何でも新しいし、面白かったの。


でも、だんだん、苦しくなったり、焦ったり、
どうしたらいいんだか分からなくなっちゃったりして、
「稼げている人風のカラ元気」を演出するようになっちゃったの。


まぁ、見事にもっとダメになりかけたんだけど、
そんな私を助けてくれたのが「人脈」だったなぁ。
読者様にいただくメールに、随分救われたな。


「もりりんのメルマガを読むと元気が出る」って言って下さって、
だったら、どこまでも元気な記事を書いていこうって思ったの。


そうしたら、私のメルマガを読んで、泣いてくださったり、
応援してくださったりって、心を動かしてくださる、
たくさんの、あったか~い、読者様にも恵まれたの。


出来ると思えば出来るんだよ!
あなたが出来ると思っていないだけ。


「出来るって信じる」を、「出来た」に変えるためには、
こういう軸教材への自己投資は、惜しんじゃダメ。


私は、ネットビジネスで、母と私の2人分の、
思いっきり楽しい人生を手に入れにいきますよ。


だって、出来るって、分かってるんだもん!



出来そうにない方は、こちらから、
もりりんにメールください。


もりりんが、出来る勇気を思いっきり注入してあげます!

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



“出来ようが出来まいが出来ると思えば出来るのです” への3件のフィードバック

  1. 華音 より:

    はじめまして。

    華音と申します。

    「出来るって信じる」を、「出来た」に変える
    この言葉にとっても共感しました。

    できるって思ったらきっと出来るようになりますよね。

    亀の歩みでもほかと比べず頑張ってできるように
    なっていきたいって思ってます。


    九州より心を込めて応援♪

  2. もりりん より:

    華音さん、ありがとうございます^^

    出来るって信じたら、出来るようになるんですよ。
    じゃないと、年端も行かない女の子が、氷の上で3回転半のジャンプをしたり、
    エンジンのない船で地球の裏から鉄砲を持ってくる大冒険をしたり、
    出来ないですもんね(笑)

    まぁ、実際、出来ると信じてがんばれば、
    出来たと喜べる日は来るけど、
    出来ないと思ってがんばったら、
    やっぱり出来なかったと泣く日が来るんですよねー。。。

  3. マイペースアフィリエイター@みよし より:

    もりりんさん、

    はじめまして、みよしと申します^^

    あしか参りました。


    「出来るって信じる」

    人に言われると響きますね。

    僕自身もできると信じて7今に至ります。

    周りからも反対されていましたが、

    今では、応援してくれています。

    なので今は、「なんでもやってやる」って気持ちで毎日

    1歩ずつ前に歩いています。

    では、また訪問させていただきます。


    感謝の気持ちを込めて、応援済みです^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ