元マクドナルド店長が贈る商売の話~問題解決のプロセス

もりりんは、その昔、マクドナルドで店長をしてました。


でも、退職しちゃって以降、すっかり、店長だったことを忘れほうけていたのですが、
結構いろいろ習ったし、眠らせてもしょーがないし、
「聞きたいっ!」って声も結構いただくし、
ちょっと商売の話でもしてみちゃおうかな、と思います。


ただ、ここで、マクドナルドのプロになってもらってもしょーがないので、
アフィリエイトに置き換えてお話をすすめたいと思います( `・∀・´)ノ


最終的には、自分で「ビジネスプラン」が立てられるようになってほしいのですが、
そのためには、「目標設定」のための「事実の収集」が不可欠です。


実際に、ここのところを、マクドナルド流でお話しますが、
これからお話しするプロセスは、どのビジネスでもキモになる、
大事な部分ですので、がんばっていきましょう!

ウチのバラは世界一


実際は、社員教育プログラムで、ワークショップとして実施していて、
まったく別の話を使うのですが、モチーフを変えて、アレンジしています。


以下に出てくる、いくつかの情報から、
「私」が、一番すべきことは何か、考えてみてください。


「真の原因」は、どこにあるでしょうか?

  • 私は自分の庭をとても誇りに思っている
  • 私は隣人が大嫌いだ
  • 隣家のバラは見事に咲き誇っている
  • ハムシはバラを食い尽くす
  • うちの芝刈り機は壊れている
  • うちのバラはところどころ枯れていてみすぼらしい
  • モグラはうちの芝生にトンネルを掘る
  • 私の主な関心ごとは私の庭のバラである
  • 隣人はメガネをかけている
  • 私はうちのバラをきれいに咲かせたい
  • モグラはハムシしか食べない
  • 隣人はうちのバラを馬鹿にする
  • うちのバラは水を必要としない
  • これまで、バラは隣家より見事に咲いていた
  • うちのバラは化学肥料を必要としない
  • ハムシを食べにモグラがくる
  • 私はうちのバラのことでイライラしている

少し、時間を取って、考えてみてくださいね。
「真の原因」は、何でしょうか?





   ・・・・・・






考えましたか?
では、見てみましょう。


真の原因は、「ハムシ」です。


答えはすぐに見つかりましたか???
それとも、「芝刈り機が壊れているからだ!」とか、
「モグラが原因だ!」と、思ってしまいましたか???


もし、「((((;゚Д゚))))?????」と、
さっっっぱり、意味が分からない、
どーして、芝刈り機じゃないの?モグラじゃないの?ってところで、
立ち止まってしまったら、もりりんにメールしてくださいね。


もりりんにメールする



問題解決のプロセス


さて、問題解決のプロセスでは、「真の原因を探る」ことが、
もっとも重要な項目なんです。


先ほどの「ウチのバラは世界一」で、「ハムシ」が真の原因だ、と言いました。
なぜなら、「私」はバラをとても大事にしていて、
そのバラを食い荒らすのが「ハムシ」だからです。


ハムシさえいなければ、バラは枯れないし、
モグラだって来ないんです。


ハムシが一番の元凶、ですよね?


ここで、まず、必要とされるのが、
事実を収集する、というスキルです。


これを、マクドナルド的に、「gather facts」といいます。
まずは、事実をありのまま、憶測なしで収集するんです。


「イロメガネ」は厳禁です。
思い込み、勘違い、は、真の原因を追求する邪魔にしかなりません。


また、事実の収集はより深く、1歩踏み込むことが大事。


「なぜ?そうなんだろう」と、「なぜ?」を繰り返しながら、
事実を収集していくんです。


アフィリエイトでも、最初は、右も左も分からないから、
ひとつひとつ、作業工程を確認しながら作業をすすめますね。
けれど、慣れてくると、「察し」がつくようになっていくんです。


10を聞かないと1もできなかったのが、
10を聞けば10できるようになり、
2~3を聞けば、10を連想できるようになる、

打てば響く

ようになるんです。


ところが、その「打てば響く」段階に至る前の段階で、
まだ、10を聞かないと1ができないって状況なのに、


「連想」だけで結論を急ぐということは、
ときに、「そうだろう」と決め付け、事実をゆがめてしまいます。


「売れないのはアクセスがないからだ!」と、
表面上の、一部の事実だけを見て、結論を出せば、


「じゃぁ、アクセスさえあればいいんだ」と、
闇雲にコメントまわりをしたり、と、あらぬ方向に突き進むことになります。


アクセスが少ない、というだけでも、
「訪問者数」が少ないのか、「ページビュー」が少ないのか、
その違いだけでも、立てる戦略は変わってくるんです。


訪問者数は毎日300あるけれど、ページビューも300だった場合、
平均して、ブログを見に来てくれた人は、1ページしか読んでない、
つまり、トップページだけ見て帰っている、という計算になりますよね。


トップページだけ見て帰ってしまう、という事実があるのなら、
改善すべきは、「読みたくなる記事」つまり、ライティングだったりしますね。


ブログの利便性が悪くて、どこを読んだらいいのか分かりにくい、
ということも考えられます。


ならば、コメント回りをしても、根本的な解決は図れないですよね!


訪問者は少ないけど、何ページもクリックして読んでくれている場合なら、
真の原因は「ライティング」ではないでしょう。
逆に、訪問者の絶対数を上げることを考えないといけません。


事実の収集は、1歩踏み込んで行うことが大事です。


ここで、もう一度、「ウチのバラは世界一」に出てくる、
「情報」を見てみましょう。


今度は、その、「情報の質」に注目してみてくださいね。

  • 私は自分の庭をとても誇りに思っている
  • 私は隣人が大嫌いだ
  • 隣家のバラは見事に咲き誇っている
  • ハムシはバラを食い尽くす
  • うちの芝刈り機は壊れている
  • うちのバラはところどころ枯れていてみすぼらしい
  • モグラはうちの芝生にトンネルを掘る
  • 私の主な関心ごとは私の庭のバラである
  • 隣人はメガネをかけている
  • 私はうちのバラをきれいに咲かせたい
  • モグラはハムシしか食べない
  • 隣人はうちのバラを馬鹿にする
  • うちのバラは水を必要としない
  • これまで、バラは隣家より見事に咲いていた
  • うちのバラは化学肥料を必要としない
  • ハムシを食べにモグラがくる
  • 私はうちのバラのことでイライラしている

この、集まった情報の中に、「優先順位の低い」情報が混じっています。
「隣人はメガネをかけている」などがその代表格です。


情報は、細かく、丹念に集めることが大事ですが、
集めた情報に、ちゃんと優先順位をつけていかないと、
「真の原因」を追究する邪魔になります。


「バラをきれいに咲かせたい」というゴールに対し、
目的を外れている情報は、優先順位を落として、そぎ落としていくんです。


「私は隣人が大嫌いだ」なども、バラをきれいに咲かせるには、
不要な情報ですね。


「うちの芝刈り機は壊れている」も、そう。
芝刈り機がする役目は、「伸びた芝を切る」ことです。


表面の体裁を整える役割しかしませんから、
根本的に、バラを食い荒らすハムシを退治することにはなりません。


こうやって、「分析」(analysis)していくことで、
真の原因を探っていくのです。


「真の原因」が追究できたなら、
次は、いかにして、その「真の原因」に対処するか、
戦略を立てます。


「計画の立案」(make a plan)と、
ディシジョンメイキング(意思決定)です。


ハムシを退治するために、
薬剤をまく、手で除去する、
業者に依頼する、ハムシを食べてくれる益虫や益獣を使う、
考えられる手段はいくつもあります。



ここで、ちょっと、マクドナルド的に考えてみましょう。
マクドナルドでは、お客様に提供するサービスのことを、
QSC(quality、service、cleanliness)といいます。


「品質」「サービス」「清潔さ」という、3つのカテゴリーで、
それぞれ、高い基準を維持することが求められるんです。
細かい基準が設定されて、数値で評価されていきます。


「最近、QSCのレベルが下がってきた・・・とくに、清潔さのレベルが低い」
と感じたマネージャーがいたとしますね。


このマネージャーは、どうすれば、
「清潔さ」のレベルを向上させ、基準を満たすことができるでしょう?


マネージャーは店舗に2~3人しかいません。


一人で全部抱え込むには、忙しすぎるし、
第一、数十人もいるアルバイトスタッフを
うまく巻き込み、みんなで清掃したほうが、効率がいいに決まっています。


「清掃のためのチェックリストがないから、作ればいい」
「今の清掃箇所チェックリストは項目が少ないから、増やせばいい」


確かに、こうすれば、スタッフがチェックリストに沿って、
清掃をしてくれるかもしれませんね。


けれど、単純に、

汚れている ⇒ やらせればいい ⇒ じゃぁ、チェックリストだ!

これでは、問題の表面をなでただけです。
「真の原因」はどこにあるのか、ちゃんと見極めていません。


ひょっとしたら、何ヶ月も、仕事ぶりを評価してもらえてなく、
アルバイトスタッフがやる気を失っているのかもしれませんし、
アルバイトスタッフの適正人数が確保できずに、負担が増えてしまって、
「清掃したくてもできない」状況なのかもしれません。


もし、がんばりを評価してもらえず、やる気を失っているスタッフや、
忙しすぎていっぱいいっぱいのスタッフに対し、


「清掃チェックリスト作ったから、掃除、よろしくね!」


などと言ったら、


「ふ・ざ・け・る・な・よヾ(*`Д´*)ノ”彡☆」


と、反感を買ってしまうでしょうね。


「仕事を評価してもらえず、時給を上げてもらえない」と、
やる気を失っているスタッフに対し、
マネージャーはどう接すべきでしょうか?


適正人数が確保できず、忙しくて負荷がかかっているスタッフに対し、
マネージャーはどう対処すべきでしょうか?


時給をあげてあげればいい?
適正人数を確保して、さらに、清掃専用のスタッフを雇えばいい?


ここで、考えなければいけないのは、
私たちはビジネスをしているんです。


費用対効果はどうなのか、
そういう、

経営者の目線

を持つことが大事です。


だから、単純に、「スタッフ全員時給アップだ」とか、
「よーし、今の2倍、スタッフを増やそう」とか、
そういう、場当たり的な解決策では、経営者として失格です。


「真の原因は何か」
「考えられる解決策はどんなものがあるか」
「それぞれの案のなかの費用対効果はどうか」
「費用対効果だけでは解決できない深刻な問題ではないのか」


よく考えて、戦略を立てていきます。


戦略が決まったら、当然、全力で実行します。
けれど、多くの場合、
やりっぱなし
で終わってしまうんですね。


だから、何度も同じミスをする、経験から学ばない、
チャンスをつかみそこなうんです。


「実行と評価」(execute & evaluate)はセットです。


アフィリエイトの場合なら、「無料レポート」という、
すばらしい手段がありますね。


最高の「評価の場」です。


こういうことをやってみた、
結果、こういう効果が得られた、


こういう、「評価」を発表することで、
読者さんを集められるという、一石二鳥の場所。


有効に活用したいですね。


Gather facts(事実を収集する)
Analysis(分析をする)
Make a plan(計画の立案)
Execute & evaluate(実行と評価)


マクドナルドでは、
この頭文字をとって、「GAMEプロセス」と呼ばれていました。


この「GAMEプロセス」をモノにできれば、
大概の問題は、スムーズに解決します。


ビジネスプランを自分で作成できるようになるためには、
この「GAMEプロセス」をものにすることが、第一番の課題なんです。

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



2 Responses to “元マクドナルド店長が贈る商売の話~問題解決のプロセス”

  1. […] ここからは、マクドナルド的に言えば、「GAMEプロセス」に基づいた、 緻密な「ニーズ分析」が求められてきます。 […]

  2. KT より:

    とても勉強になりました。
    ありがとうございますm(__)m

サブコンテンツ

このページの先頭へ