元マクドナルド店長が贈る商売の話~夢実現!目標設定の考え方

もりりんは、その昔、マクドナルドで店長をしてました。


でも、退職しちゃって以降、すっかり、店長だったことを忘れほうけていたのですが、
眠らせてもしょーがないし、ちょっと商売の話でもしてみちゃおうかな、と思います。


ただ、ここで、マクドナルドのプロになってもらってもしょーがないので、
アフィリエイトに置き換えてお話をすすめたいと思います( `・∀・´)ノ


その上で、最終的に、「ビジネスプラン」というものを、
自分で立てられるようになって欲しいのですが、
だったら、最初は「目標設定」の考え方は必須、ということで、
今回は目標設定の話。


夢を実現させるための「目標設定」の方法です。


一概に「目標」といっても、いろいろあるわけで、

  • 月300万円稼げるようになる!
まぁ、こういうのも、「目標」だったりするし、

  • 毎日、ブログの記事を更新する!
こういうのだって目標だったりしますよね。


で、よく、「数値が入って、成果が分かりやすい目標がよい」などと、
ビジネス書や会社の研修などでも言われているのですが、
そうなってくると、

  • 毎日ブログを更新しながらアクセスを1ヶ月で1万PVまで引き上げつつ、メルマガ読者を半年で5千人集めて月収100万円を目指す

と、ちょっとおかしな方向に走ってしまうんですよね。
目標にするには中途半端、ってのかなぁ。


目標を立てるのは大事かもだけど、

「で???今日は何したら?」

ってところがお留守になっちゃったり、

  • 毎日コメント周り30件!
  • 記事毎日更新!
  • 2週間に1回は無料レポート作成!

と、成果が見えやすく、達成しやすい目標を立てたはいいけど、
全体像を見失いがちな目標だったりして迷子になってしまったり・・・


そもそも、「目標」にもランクがあるんです。

マクドナルド流「目標のランク分け」とその考え方


1.ビジョン

ビジョンとは、将来、自分がそうなっていたい、という、「夢」の状態です。


マクドナルドで言えば、「みんなの笑顔があふれる店」だとか、
「いつでも笑顔になれる店」みたいなものです。


けれど、できる限り、その情景が浮かぶようなものがいいですね。
なんせ、「ビジョン」ですから。「見る」のが大事。

    使いたい時にいつでも使える速くて親切なドライブスルーと、
    いつでもにこやかに迎えてくれる従業員、ゆったり広い客席と
    たのしいプレイランドで自分たちの時間を存分にたのしめる、
    ●●市東部最高のコミュニティとなる

こんな感じ。(店長時代の実際のビジョンだったりする・・・)


まぁ、超絶に分かりやすく言うと、
自分が将来、こうなっていたいなぁ・・・という「希望」や「欲望」を、
「もしもボックス」なり、「タイムマシン」なりで、見てくるわけですよ。



もちろん、「夢」ですから、自分で思い描くわけ。


で、想像した自分の「こうなりたい」っていう未来を、
あたかも見てきたかのように、言葉にするのね。


ここで、自分がワクワクすること、大満足することを、
恥ずかしげもなく設定しちゃったほうがいいのです(笑)


「だって、無理だよね~」とか、
「ありえないよね~」とか、
そういう限界を決めてしまえば、そこで終わってしまいます。


そりゃ、もちろん、「魔法が使えるようになりたい!」とか、
「20歳若返りたい」とか、「12歳から人生やり直したい」とか、
「死んだおばあちゃんに会いたい」とか、

     無茶

なものは、除外しなくちゃ、だけど、
少々突拍子がないものでも、「夢」なんでね。


電話を持って歩きたい、とか、壁にかけられるテレビが欲しい、とか、
そういう「夢」から、商品開発は始まっているんでね。


まぁ、誰に言うことでもないんだから、
恥ずかしげもなく、突拍子もない「夢」を見ちゃいましょう(笑)


大事なのは、自分が描く「ビジョン」に、自分自身がワクワクし、
どうしてもかなえたいっ!と思う、原動力になってくれること。


ビジョンとは、モチベーションのための、エンジンの役割をするんです。


戦略

思い描いた「ビジョン」を実現させるための「戦略」を立てるのが、
次に課せられたステップです。


夢だけみて終わってしまったら、ただの夢想癖ですからね~><
実現させるためには、「どうやって実現させるか」を考えなくっちゃ。


ここからは、マクドナルド的に言えば、「GAMEプロセス」に基づいた、
緻密な「ニーズ分析」が求められてきます。


GAMEプロセス」で、十分に事実を収集し、
「真の原因」を追究できていれば、おのずと道は見えてきます。


アフィリエイトで言えば、報酬が発生するための公式、

アクセス数 × 購入率 × 報酬単価

ここを踏まえて、

「どうやって集客していこうかな」

「どうやって教育していこうかな」

「どうやって販売していこうかな」

と、それぞれのカテゴリーで作戦を立てるわけです。


詳しくは、「GAMEプロセス」をご覧ください。

オブジェクティブ

「オブジェクティブ」とは、「目標」という意味です。
でも、この段階からは、グッと具体的な目標設定をしていく必要があるんです。


ひとつの戦略に対し、いくつものオブジェクティブが発生していきます。



オブジェクティブは、次にあげる、
5つの項目をクリアする目標じゃないといけません。

  • 具体的
  • 測定可能
  • 達成可能
  • 関連性のある
  • 期限が切ってある

アクセスを増やす、というだけではいけません。
100万売る、という、自分ではコントロールできない目標もふさわしくありません。


「誰が」「いつまでに」「何を」「どうやって」達成するのか、
キッチリ、決めるんです。

    私は、今月10日に発売される、「○○」という新商材を、
    今月中に10本、アフィリエイトで成約させる

今回は、こういうオブジェクティブで考えていきましょう。

アクションプラン

    私は、今月10日に発売される、「○○」という新商材を、
    今月中に10本、アフィリエイトで成約させる

こういうオブジェクティブが決まったら、さらに、細かい設定を決めていきます。
具体的な「アクションプラン」の作成です。

  • 商材を読む・・・・・・1日まで
  • レビューを書く・・・・・・3日まで
  • 特典を考える・・・・・・4日まで
  • 音声対談の申し込み・・・・・・4日まで
  • オリジナル特典レポートを作る・・・・・・8日まで
  • レビューページを仕上げる・・・・・・8日まで
  • ブログ・メルマガで、「におわせる」記事を書き始める・・・・・・5日から
  • 事前の予約受付開始・・・・・・6日
  • 事前配布音声の配布開始・・・・・・7日
  • アフィリエイトリンクの取得・・・・・・8日まで

  • (・・・・・・以下略)

実際の、「オブジェクティブ・アクションプラン」は
こんな感じで作成していくんですね。




シフトログ・TO DO リスト

ここまで来たら、作成した「オブジェクティブ・アクションプラン」に沿って、
「今日は何をする」という、今日の行動に移ります。


何から手をつければいいか、今日の作業の目安を立て、
時間を配分していくのです。


スケジュールは、明確に決まっていますから、
あとはこなすだけです。


ただし、予定は予定ですから、
思い通りに作業が進まないことだって多々、あります。


ノリノリで、明日の分まで済ませちゃったりする日もあれば、
今日の分がまったく手付かず、という日も出ます。


積み残した予定は、
その日のうちにリプランしておくことが、
マジで大事です。


しまった!レビューページに時間がかかって、
オリジナルレポートが進まなかった!


じゃぁ、明日の最初の作業で進めよう。


と、すぐにスケジュールを調整するのです。


そうしないと、「7月中に宿題を全部終わらせる!」と誓ったくせに、
8月31日に泣きながら宿題に追われる小学生のような気分になりますね。


しかも!大人には怒ってくれる先生がいないわけですから、
そのままズルズルと「結局何もしなかった」ということになります。


計画倒れを防ぐには、マインド云々やら、根性云々の前に、
オブジェクティブの立て方に、エラーがあったんだ、と、思いましょう。

  • 具体的
  • 測定可能
  • 達成可能
  • 関連性のある
  • 期限が切ってある

ここを見直し、オブジェクティブの立て方を「自己評価」できないと、
いつまでたっても計画倒れが直らない、ということになります。


抽象的で達成したかどうか測定できないオブジェクティブではないか?
そもそも実現できない無茶な目標設定ではないのか?
期限が短すぎたり、アンバランスだったりしないか?


今一度、見直してみましょう。


ここまできたら、基本的な目標設定方法はマスターです。
最終的に、ビジネスプランを組み立てる上で、

  • 事実を収集し、「真の原因」を突き止めるチカラ

  • 大きな目標を達成するために、今日すべきことをあぶりだせるチカラ

という、必須項目を身につけることができるはずです。

  • 月300万円稼げるようになる!

こういう、「ゴール」と、

  • 毎日コメント周り30件!
  • 記事毎日更新!
  • 2週間に1回は無料レポート作成!

こういう「アクションプラン」は、そもそも、
同一には考えられないんですよね。


目標設定のレベルが違うんです。



ビジネスプランとは、戦略(ゴール)のさらに上位にあるものです。
ビジネスプランを機軸に、細かく中目標・小目標・アクションプランへと、
どんどん具体的に「何をすべきか」が分けられていき、
今日すべきことが明確化されるんです。

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



“元マクドナルド店長が贈る商売の話~夢実現!目標設定の考え方” への1件のフィードバック

  1. KT より:

    2回読ませて頂きました。
    とても勉強になりました。
    ありがとうございますm(__)m
    少なくともあと8回は繰り返し読ませて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ