「気合」や「根性」をマインドと言うのかどうか

私は昔、マクドナルドで店長をしていました。
ああいうところでは、データ分析は結構重要で、


● セールス予測
● 予測に基づいたスタッフのスケジューリングと配置
● 予測に基づいた資材、原材料の調達


こういうのは、マネージャーとして最低限知っておかねばならない、
基礎中の基礎、なんですよ。


俗に言う、「人・モノ・金」ですな。


でも、お店は生き物ですから、
予期せぬ時間帯にお客様がたくさんいらして、
急なピークを迎えることも多々、あります。


でも、時に、「分かっていながら」
どうすることもできない状況だって発生します。


例えば、夕方のディナータイムのセールス予測では、
通常、5人のスタッフが必要だ、というのに、
スタッフに急病人などでキャンセルが発生し、代わりが見つからないとき。


5人揃えば、スムーズにサービスが提供できるところ、
3人しかスタッフが確保できない、さぁ、どうする?




         ・・・・・・






     気合で乗り切る!・・・しか、無いよね!!!



ただし、事前に分かっている以上、少ない人数でも、
いかに、お客様に迷惑をかけずに運営していくか、知恵を絞ります。


例えば、一番忙しいタイミングで、レタスやチーズが切れて、
倉庫まで走って取りにいくようなことが無いよう、
資材や原材料を十分に用意しておきます。


後は、「気合」と「根性」でがんばるのみ。
こういうのを、「根性まわし」と呼んでいました。
気合と根性で、無理やり店舗運営をすることを言います。


でも、根本的には、十分なスタッフが確保できなかった、
そこに、重大なエラーがあるわけですよ。


最初から、十分なスタッフを確保できていれば、
「気合」も「根性」も要らないんです。


リクルート(採用活動)やスケジューリングなど、
戦略や戦術のどこかにエラーがあったから、
「気合」や「根性」でチカラ押ししなきゃならないわけ。


気合だの根性だの、そういうのは、
戦略や戦術のエラーをカバーするための最後の手段。


私はそう考えます。


だから、教材の「マインド」に、いきなり、
「気合だ」「根性だ」と書かれているのは、
ノウハウのどこかに「エラー」があるからなんじゃないのかしら?


そう思えてならないんです。


だからって、「じゃぁ、気合も根性も要らないのか」というと、
そうではなく。


実践レベルでは、気合も根性も必要でしょう。
いきなり、読者さんの反応が高い記事なんて書けないし、
だったら、チカラ押しでアクセスを集める瞬間だって必要です。


一定のスキルを身につけるために、
チカラ押しでやり遂げてみせる瞬間だって、多々あります。


スキルが無い、知識が無い、だったら、チカラ押しで、
無理やりにでも実践するのは、致し方ないと思うんです。


でも、その、「気合と根性のチカラ押し」は、
あくまでも、実践する上で、イレギュラーにやってくる、
個人レベルのエラーだから「アリ」なのであって、
永遠に続けるべきものではないと思うのね。


あくまでも、戦略や戦術のどこかに、エラーがあるから、
チカラで押し切るしかないわけで。


一時的にぐわーっとがんばることはあっても、
おんなじチカラ押しを半年、1年と続けるのは、違うでしょ。


だから、「ノウハウ」として、気合や根性を強いるのを、
「マインド」と呼ぶのは違うんじゃないかな、と。


もちろん、ノウハウのどこかに、
ちゃんと理由付けされて、


「知名度やアクセスを一定のレベルまで上げるためには、
自然にアクセスが上がるのを待つよりも、
少々チカラ押しでもコメント周りに注力するほうが近道です」


「HTMLサイトはweb知識が必要とされます。
ブログカスタマイズでも、多少のHTML知識は必要ですから、
このタイミングで、がんばってこの程度は習得したほうがいいです」


こういうのは、当然、「アリ」だと思うんですけどね。


初心者の、スキルも知識もないうちは、
多少のチカラ押しだって必要だよ、というのは、当然です。


でも、最初から、とにかく「気合だー」「気合だー」って、
どんなアニマル浜口だよ・・・・・・ヾ(・ω・o)


そういうのは「ビジネスマインド」とは言わないよね><
気合より、根性より、「戦略」や「戦術」を見極めて、
エラーを回避するためにどうすれば、を、考える。


でも、戦略や戦術の実践で、どこかにエラーがあるならば、
「リアクション」(起こった事象に対する行動)で、
一時的にチカラ押しすることだってある。


※リアクション・・・・・・火が出ているから消す(消火)
※アクション・・・・・・火が出ないように予防する(防火)


「マインド」というのは、「アクション」なんです。
いかに、火を出さないか、それこそ、「戦略」と「戦術」。


実践レベルで火が出ることだってあるから、
出た火を消すのが「リアクション」。


それを導くのが、教材の役目。でしょ!?
教材が無かったら、火でボーボーだもんね><


成功するためには、アクションもリアクションも必要。
リアクションに追われてアクションが取れない、
アクションに注力しすぎてリアクションが遅れる。


そういうアンバランスを修正するのが「マインド」。
提供する戦略や戦術のなかで、時にチカラ押しだって必要だよ、と、
エラーを予測して防いであげるという「アクション」ってことね。


これなら、「マインドがないと稼げない」ってのは理解できるけど、
「マインドがないと稼げない」=「気合が足らない」的な、
そういうのは、違うんじゃないかなー、と、思うのですよ。


確かにマインドは大事です。


でも、私にとって、マインドとは、
「どうしたらお客さんが喜ぶんだろう?って考える」
これしかないんです。


これは、単純に、「いい人ぶってれば売れるかも」とかではなく、
「利益を最大化させるための一番の近道」だから、ですよ。


少し前に紹介したこの記事


ブランドやブランド戦略についての記事ですが、
顧客満足を追求する以上のブランディングは存在しないし、
ブランドこそ、利益最大化のための、
マーケティングの最短ルートなんですよね。


顧客満足のためのブランド戦略とは、とか、
顧客満足のための記事戦略とは、とか、
顧客満足のための特典戦略とは、とか・・・・・・。


もし、今、「この作業を続けることで次につながる未来」が、
自分でもハッキリしないまま、気合だ、根性だ、と、
なんとなく自分に言い聞かせながら作業を進めているなら、
もう一度、「アンリミテッドアフィリエイト」を読むなり、
作業工程をサポートで確認してもらうなり、すべきだと思います。


「気合」も「根性」も、「戦略」や「戦術」を実践する上の、
ひとつの【 手段 】であって、マインドの核心じゃ、ないよね?


などと思う、今日この頃なのですよ。



P.S.

全然話が変わるんですけど、
新しい購入特典サイト、オープンしました。


実際、もうちょっとコンテンツを足していきますが、
購入特典を増やしているので、遊びに来てやってくださいね^^


このサイトを作るために、SIRIUS(シリウス)と、
かなり仲良くなったかも(笑)


SIRIUS(シリウス)と、普通の「ペイント」だけで、
あのサイトを作ってますからね~。


もりりんは、決してプロではないですけど、
「あなたにも、できるよ♪」ってのは、伝えられるし、
実際、あの程度のサイトなら、余裕で作れます。


だって、SIRIUS(シリウス)があるんだもん∩`・◇・)ハイッ!!


最近、もりりんのブログ改造を見て、
「SIRIUSってすごいんですね」とお買い上げいただいてます(笑)
もちろん、ああいうサイト作成のお手伝いなら、大歓迎♪


とか言いながら、「HTMLサイト、苦手~><」と、
地雷屋さんに言ってみたところ、どん引きされてしまった・・・(笑)

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ