メールを下さったTさんことMさんへ

メールでのお問い合わせがあったんですが、
何度送っても届いていないようで><
お伝えしたい内容をこの場を借りてお伝えしますね。


火曜日にご相談メールを下さったMさん、
お返事をもうかれこれ4~5回送信しているのですが、
「まだお返事をいただけてない」というメールを2回下さった、
はい、あなた!Mさん。



  ■□■ ご相談内容のあらすじ ■□■

1年半前からアフィリエイトをはじめました。
ペラサイトの量産で最初はいくらか稼げたのですが
今はさっぱり稼げなくなりました。


過去、某携帯アフィリ塾に入って1500サイト作ったのですが
報酬はわずか400円でした。


ドロップシッピング、アダルト、など、
いろいろな手法をやってみましたが、どれも稼げて3000円程度。


50個以上取ったドメインの契約更新に結構なお金がかかり、
そのわりにペラサイトだったので上位表示もされず…


再出発の意味もこめて「下克上」をと考えていますが、
メールセミナーでおすすめされた「新世界アフィリエイト」と
どちらがいいかアドバイスいただけませんか?


   ■□■■□■■□■■□■■□■



個別には何度もメールを送っているので、
ひょっとして迷惑メールあたりにドドドドッと届いているかもですが、


そもそも、「下克上」と「新世界」では
同じアフィリエイトでも全然手法が違うんです。


まず、「下克上」はトレンドアフィリエイトという手法。


今まさにたくさんのネットユーザーが検索している
話題のニュースを記事にしてアクセスを集め、
クリックするだけで報酬が発生する広告を使って稼ぎます。



「AKBが…」「WBCが…」「浅田真央が…」みたいな、
旬のニュースを使うんですよ。


で、逆に「新世界アフィリエイト」はブログメルマガアフィリの手法。
Mさん自身のファンを育てて、固定読者を集めて稼ぎます。


「アフィリエイトで稼ぐ方法を教えてあげるよ、
 だからこの教材を買ってくださいね」


というスタンスですね。


いずれにしても、Mさんが過去されてきたような
サイトを量産するスタイルではなく、
ひとつのブログをじっくり育てるイメージ、ですね。


サイトを量産するスタイルは、
正直まったくもっておすすめしません。


もはやグーグルはそういう中身のないサイトを排除していて、
「とにかくサイトをたくさん作ればどれか1個は稼げるかも」
みたいなのはもう通用しなくなってきているんです。


ですので、取り組むなら、
じっくりコンテンツを育てるタイプの手法を薦めますね。


ただ、「新世界アフィリエイト」のように、
読者さんとの信頼関係を築き、固定読者を集めて稼ぐ手法では、
やはり、「教えるチカラ」とか「信頼してもらえる実績や知識」
といったものがある程度は必要になります。


ってか、絶対必要。


なので、稼ぎのルートとしては、
まずは「下克上」で実績を作り、
その実績を元にブログメルマガというのがスムーズかな、と。


ただ、「下克上」も、マニュアルどおりに実践するなら、
実は相当な記事量産をしないとアクセスは集まりにくく、
毎日10記事程度の記事更新はしないとちょっと厳しいかな、と思います。


これが「下克上」を全面的に推せない理由でもあるですが^^;


ですので、短期的に数ヶ月間、
毎日記事を書きまくって一気に成果をあげて、
そこから新世界に移行する、など、


将来的に別の手法を視野に入れていかないと、
苦しい作業をし続けないと報酬が安定しない、
「労働アフィリエイト」から脱却はできません。


でも、最初から「一定の稼ぎが見えたら新世界に移行するんだ」
というつもりで、数ヶ月がんばって成果を出すなら、
下克上は非常に強い味方になってくれますよ^^




ということで、Mさん。

まずは、ちょいと迷惑メールを見ていただき、
そこにもメールが無ければ、もう一度メールいただけますか?


Mさんからのメールはキッチリいただいていますので、
これを見て「あぁ、そういうことか」と思っていただければ、です。


ということで、今回全然関係ないって方も多いかと思いますが、
ご容赦くださいませ><



P.S.

ということで、Mさんには大量のメールを送っているんですが、
気がついてくれますように…です。

あわせて読みたい関連記事


もりりんコンテンツのご案内

初心者コーナー

当ブログの歩き方

サポート対象商品

デザインブログ

ご購入者様専用

無料プレゼント

これからネットで起業するために知らなきゃいけない
webマーケティングの基礎講座ネットで稼ぐ秘訣
メールセミナーでお届けします。今なら無料!

※は必須項目です



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ