ネットビジネスというお仕事

ネットビジネスは、あなたを解放してくれます。


例えば、ネットビジネスは、時間から開放されます。
眠りたいときに眠り、仕事したいときに仕事できます。


だから、私自身、マックの店長時代は目覚まし時計を3個も使っていましたが、
今はひとつも使いません。遊びに行く約束のあるときだけは使いますけど。


もちろん、拘束時間なんてものはありません。
ダラダラ仕事しようが、さっさと片付けようが自由ですし、
1日2時間もあれば、ひととおりの仕事が終わってしまいます。


数日分、まとめて仕事を片付けて、えいっとどこかに遊びに行っても、
いやな顔をする上司はどこにもいませんし、しかられることもありません。


今週のサザエさんが終わっても、憂鬱な気分にはならないし、
毎朝、時間に追われながら出社の準備をするわけでもなく、
当然、残業もないし、過労死の心配はまずありません。


優先したいプライベートをいくらでも優先できるので、
友達の誘いや家族との時間をいくらでも優先させられます。


実際、自営で飲食店を経営する友達に、年に1~2回、
手伝いを依頼されたりするんですけど、
1週間程度手伝いに行っている間でも、勝手に稼げるような仕組みを作っているので、
内心では「むふふ・・・」と思いながら、かわいくビラ配りをしたりしています。


ネットビジネスは、環境からも開放してくれます。
ネットにつながるPCさえあれば、どこでも仕事ができるんです。


実際、誘惑に打ち勝つ自信が無いからやりませんけど、
あったかい布団の中でぬくぬくしながら仕事しても許されます。


雨が降る日も、雪が降る日も、自宅にいるからお構い無しですし、
通勤にへとへとになることもありません。


たまにネットカフェで仕事をしたりしますが、自宅にいてもいいし、
外でもいいし、海外でもいいんですよね。


それに、震災。
私は震災後にブログアフィリエイトをはじめました。


あの日、3月11日。人々の幸せとか、苦労とかの結晶たちが、
あっけなくどす黒い波に次々飲まれていく映像を見ながら、
無力な自分に愕然としました。


いざというときに、

  • 自由に動けるだけの時間的自由と金銭的自由の確保
  • 収入源をいくつかに分散させておくことの必要性
を、ひしひしと感じました。


ネットビジネスなら、データをネット上の複数の場所においておけば、
万が一の際のデータ消失にも対応できます。


手元に何もなくなっても、サーバーにはデータがある、とか、
サーバーのデータが消し飛んでも、手元にデータがある、とか、
そういうリスク分散ができれば、いくらでも復旧できるのも、ネットビジネスの魅力です。


勤め先の会社をまるまる失っても、当面の収入はネットから得られるとか、
住むところすら失っても、サーバーにアップしたデータから収入が得られる、とか。
その収入が、どれほど、不安やパニックを救ってくれるか、言うまでもありませんね。


ネットビジネスは、理不尽からも、あなたを解放してくれます。
何をもって理不尽というのか、という面で、意見はいろいろあると思いますけど。


ネットビジネスは、努力と報酬が一致しないビジネスです。
がんばっても報われない時期もあれば、がんばらなくても稼げる時期もあります。


これを「理不尽」だととらえるか、なんですけど、私には理不尽には思えないんですよね。
むしろ、がんばっても将来を約束してくれるわけではない、
会社組織のほうがよほど理不尽です。


ネットビジネスは、れっきとしたビジネスですから、
自分の未来を会社にゆだねるわけではないので、
守ってもらえない反面、切り開いた未来は全部、自分のものです。


そういう「仕組み」さえ、がんばって作れば、
自分の人生を思うがままに楽しむことができるようになるんです。


例えば、私の場合、ろくに記事を書かなくても、ある程度の報酬は自動的に発生します。
そういう仕組みができているからです。


そこに、さらに記事を書くことで、1通のメールで30本くらいの商材を販売するなど、
稼ぎを膨らませることができます。


だから、体調が悪くて寝込んでいても、友達と遊んでいても、ある程度稼げますし、
一気に仕事を片付けて、「よーし!終わり終わり!!遊びに行こう!」ってのも自由。


しかも、明日やあさっての仕事を今日中にやっつけちゃったり、
だるいから今日はやめよう、とか、そういうことすら自由です。


こんな自由気ままな暮らしを手に入れる前、
私はマクドナルドの社員で、店長をしていました。


マクドナルドというところは、たくさんのアルバイトスタッフと、
数人の社員アシスタントマネージャー、店長で構成されます。


で、どこの店でもお決まりなもめごとってのがあるんですね。
「昇給」です。


アルバイトスタッフは、店長が、数ヶ月に一度、時給査定をします。
残念ながら、店舗の人件費は限られていて、全員を一律に昇給させることなどできません。
昇給してあげられる人と、あげられない人が出てきます。


まぁ、実力主義、といえばそうなのかもしれませんが、
時給査定を行い、時給改定をしたあとで、


「なんであの人は20円UPなのに私は10円なんですか?」
「働き始めて半年になるのに、昇給額が10円しかなかった」


こういうもめごとが必ずおきるんです。
だから、「時給は他の従業員に内緒にしてくださいね」というのがお決まり。
まぁ、どこの世界にも、こういう話はつきものですよね。


でも、考えてみてください。
「お店のために」って、必死でがんばってくれて、
戦場のような店内で、きびきび働くスタッフたちの頑張りが、「10円」って。


きれいなお花を植えたらお客さんが喜ぶからって、遅くまで残ってくれる主婦の方や、
最高セールス出したいからって、わざわざ集まって、お店の目標を話し合ってくれる学生たち。


その、スタッフみんなが「自分の居場所」だと思ってがんばってくれる、
努力や好意の対価が10円、20円。
これが、世の中の現状でしょ?


私自身、店舗の過去最高益を何度もたたき出し、社内では何度も表彰されたりしましたが、
何%セールスを押し上げようと、何億の売上をあげようと、私の手元には、
「名誉」という名の首輪と、0.2か月分のボーナス上積みしか、もらえませんでした。


そっちの方が、よっぽど理不尽だと思いませんか?
なのに、社会的には「善し」とされているんです。


だって、まじめにこつこつ働き、会社のために心血を注いで、
苦労してお金を得ることこそ、美点、とされているわけじゃないですか。


親の死に目に会えると思うなサラリーマン、とかね。世の中では普通だし。
おかしいでしょ!?


で、会社に忠誠を誓わせておいて、ぴらっぴらの紙切れ一枚で、
派遣契約終了ですって、人の首を切ってみせるのが、今の会社組織なんですよね。


でも、自分で戦うすべを持たなければ、理不尽な美学に振り回されて、
いいように使われておわりです。


定年になれば、高血圧の薬でも飲みながら、
年金をもらって細々と自由を満喫できるんでしょうけど、
そーいうの、自由っていうんですかね?


会社組織に依存するということは、会社に首輪をつけてもらって、
人生という名の手綱を握ってもらうってことだと思いませんか?


その対価が10円、20円。
人の人生って、そんなに安くないと思うんです。


ネットビジネスは努力と報酬が一致しないって書きましたが、
世の中で、「善し」とされている、「お金は苦労して稼ぐもの」という、
理不尽な美学こそ、努力と報酬が一致しないと思いませんか!?


ネットビジネスなら、すべてが自分に跳ね返ってきます。
ノウハウを元に、まっすぐ努力することで、稼げるようになって得られる幸せは、
10円、20円で済まされるようなチンケなものではありません。


例えば、30歳になれば、転職にはラストチャンスですよね。
派遣社員のまま、この先の人生に不安を抱えているよりも、
正社員にもぐりこめる方法を探している方もいるでしょう。


正社員でも、もっと自分の能力を発揮できたり、給料が高かったり、
将来の不安を取り除けるような会社への転職なら、30歳がリミットです。


でもね。30歳で、人生終わった気になってたら大間違いなんだから!


30歳って、人生の中の、一番いい時期、だよね!
20歳の頃にはなかった知恵もついてきて、体力も有り余ってるし、
一番、人生を楽しむべき30歳を、将来不安でびくびくすごすのって、もったいないですよね。


一番、乗りに乗っている時期に、派遣社員の不安定な暮らしで、
お金が無いから休みの日も出歩かず、

飲み会の誘いも断って、彼女が欲しいけど、お金が無いから豪華なことはできないし、
おしゃれする余裕もなければ合コンにいくお金もなくって、結婚なんて、無理だろうな、とか。


このまま、貝のように閉じこもったまま、深度いくつまでもぐるんですかー?
30歳で、人生詰んだ気になってたら、もったいないよ?


貝のように閉じこもるくらいなら、閉じこもっている間に、
ネットビジネスをやってみましょうよ。


リアルビジネスと違い、ごくわずかな資金で、自分だけの収入源を立ち上げられるんです。
失敗したところで、ノウハウは消えないし、また、違うサイトを作ればいいので、
いくらでもやり直すことができます。


最初は1万円の稼ぎでも、ひっそりと贅沢に使ってもいいし、次の教材代に使ってもいいし、
稼ぎが5万円になったら、今の暮らしがずいぶん変わりますよね。


毎月10万円になったら、いよいよ人生が変わっていきますし、
20万円になれば、派遣契約終了の紙切れが、自由への片道切符になりますね!
自由な作業時間を手に入れたら、仕組みをもっと広げて、100万円だって目指せます。


このまま、貝のように閉じこもって、深度何千メートルまでもぐる暮らしから、
30歳という、一番いい年代をまっとうに謳歌するために、がんばってみませんか?


何もしなければ、何も変わらないし、
人生を楽しむという、当然の権利すら、会社に吸われてしまうのだから。




アフィリエイトとは?
情報商材とは
教材無料プレゼント
ネットビジネスというお仕事
失敗しないネットビジネス
ブログ・メルマガアフィリエイト入門



できる!SEO
文章力を鍛えよう
文章力を鍛えよう
ブランディングとは



アフィリエイトの準備をしよう
インターネットの仕組み
HTMLとは?
ブログを作ろう
ASPに登録しよう

サブコンテンツ

このページの先頭へ