失敗しないネットビジネス

ネットビジネスは、初期投資が極めて低額でいいことや、
複雑な知識を必要としなくても、気軽にはじめられることから、
副業として、

「ちょっとやってみようかな~」

ってな感じで参入される方が、
とても多いビジネスです。


中には、初月から何十万円も稼ぎ出し、
1年ほどで月収1500万円を突破するような人もいますし、
私自身、ネットビジネスだけでご飯を食べています。


でも、お小遣いが稼げればラッキー、程度ではじめていながら、
あわよくば・・・と、妄想だけがむくむくと広がっていき、
「全然稼げないじゃんヾ(*`Д´*)ノ”彡☆」と、投げ出す人が、
年に数万人単位で現れては消える、そんな業界でもあります。


いくら、いい教材を手に入れても、
「あの人ばっかり稼げてて、私はちっとも稼げない」こんな状況も、珍しくありません。


何が違うんでしょうね。


ネットビジネスは「賃金労働」ではなく「ビジネス」だということ


いくらきれいなブログを作ったからといっても、
いくら熱心にブログを更新したからといっても、
それだけでお金になるわけではないのが、ネットビジネスです。


ここは、1時間当たりいくらかで働くアルバイトや、
月給が決まっているサラリーマンとは大きく違います。
会社組織では、1時間、そこに「いる」だけで、給料になるんですよね。
がんばろうが、がんばるまいが、おんなじです。


サイトを作ることでお金をもらうアルバイトであれば、
「サイトを作る」ことがゴールですから、サイトができた段階で、お金をもらえます。
それがきれいなサイトだったら、ボーナスが出るかも知れないですね。


けれども、ネットビジネスは、いくらがんばっても売れなければ報酬は0円です。
逆にがんばらなくても、バンバン売れれば、まるまる自分の稼ぎにすることができます。


労力と報酬が、必ずしも一致しないんです。


そして、誰かのところに帰属して、労働力を対価に給料をもらっているのではありませんから、
報酬を誰かが保証してくれるわけでもありません。


つまり、がんばるのも、がんばらないのも、稼げるのも、稼げないのも、結局自分次第だし、
いくらがんばっても、ベクトルを間違えていれば、まったく報われないことだってあります。


がんばるだけがゴールじゃない、ってこと。
闇雲にがんばったら成功するというわけではないのです。


あなた自身が社長であり、一国一城の主です。
だから、あなたのビジネスが、どこを目指して、どういうプランですすめていけばいいのか、
意思決定するのもあなた自身
これは、楽しいことでもあり、苦しいことでもあります。


にもかかわらず、「依存」体質が抜けない人は、まず、失敗します。
依存体質とは、「教材さえ買えば、たちどころに稼げるようになるだろう」とか、
「この人に教えてもらえれば、何もしなくても稼がせてもらえるだろう」と考える人です。


バイト先や会社で、先輩に丁寧に教えてもらえるのが当たり前の世の中ですから、
当然、アフィリエイトでもそういう図式があるのではないかと考えるんですね。


でも、バイトの先輩が丁寧に教えてくれるのは、
そうしろという業務命令の一部を遂行しているだけですし、
新入りが早く戦力にならないと、会社が困るからです。


ネットビジネスでは、この図式は通用しません。
教材やサポート特典は、あなたが自分で成功するためのお手伝いをするだけであり、
依存すれば稼げるようなものではありません。


当然、自分だけのビジネスをやっていくわけですから、
「言われたことだけをやっていれば稼げる」
「教材の内容を、まるでぬり絵や書き取りのようになぞりさえすれば稼げる」
というわけではないんです。


稼ぎ続けるためには、最初は素直に話を聞き、
自分で吸収して、人に教えられるレベルまで、理解していく努力が不可欠ですよ。

「自己投資」が下手な人ほど、遠回りするし挫折する


1年間で、約3000通を超えるサポートメールをやり取りする私が、
伸びる人と伸びない人をなんとなく分かるようになる分岐点が、「自己投資」です。


ビジネスを展開する以上、投資は避けて通れません。
とはいえ、莫大な金額を突っ込めとか、ギャンブルをやってみろとか、
そういう話ではなく。


例えば、ブログを作るのなら、無料ブログでも作れるけど、
アフィリエイトが禁止のブログサービスもあるし、無料ブログは不利な点が多いから、
独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを借りましょう、
年間、4000円~5000円程度からありますよ、
たったこれだけの出費すら、惜しんで投資しない、とか、ね。


かと思うと、出る商材を節操なく片っ端から買いあさって、
ろくに実践することもなく、PCの肥やしコレクションを増やし続ける人、とか。


自分のビジネスにとって、必要なものには、適切に投資をする、
これができなければ、ネットビジネスで大きく稼ぐことはできません。


確かに、ネットビジネスには、「無料でできる」的なイメージもあるし、
無料情報も氾濫しているので、びた一文使わなくても稼げるんじゃないかって思われますが、
無料で出回る情報は、「断片的」なものばかりです。


販売者は、情報を無料で提供することで、人を集めて商品を売るつもりでいますから、
当然、ノウハウの「核心部分」全部を無料で渡すようなことはしません。


まったく知識のない初心者のあなたにとって、
無料情報をいくら寄せ集めてきても、「完成図」を見たことがないわけですから、
この無料情報はどこのパーツにあたる、とか、想像もつかないんですよね。


大きな戦艦のプラモや、5000ピースのパズルなどを、
完成図も見ずに組み立てようとしているのと一緒です。


中には、あっさり組み立ててしまう人もいますが、
そういう天才はごくごくまれで、持って生まれたビジネスセンスあってこそできる芸当です。


まぁ、完成図を見なくても、小さなプラモや20ピースくらいのパズルなら
組み立てることもできるでしょう。
無料情報で稼げる金額も、その程度だってこと。


ネットビジネスでは、労力と報酬は一致しないのです。
がんばったらがんばった分だけが報酬になるわけではありません。


どんなにこつこつと作業を続け、情報を集めて真剣に学び、取り組んだとしても、
無料情報だけにしがみついていたのでは、小さなことしかできないよ、ってことです。
いい教材を手にして、最初から信頼できる人のサポートの下でがんばる人と、
おんなじだけ努力しても、飛べる距離には雲泥の差が出て当然です。


教材を使えば、道筋をくっきり見ることができます。
全体像を見ながら、今日、自分がするべき作業まで、
プランを落とし込んでいくことができます。


東京から仙台まで、わざわざ徒歩で行く人はいませんね。
新幹線なり、飛行機でいきますよね。


チケット代がなければ、不用品を売却するなり、バイトをするなり、節約するなりしますよね。
もし、徒歩で向かうとしたら、とんでもない時間と労力が必要ですし、
途中でやっぱり引き返しても、致し方ないでしょう。


途中で脱水症状になったり、足が故障したりして、ぼろぼろになっても、
誰にも認めてもらえるわけでもないし、1円にもならないんです。


だって、努力と報酬は必ずしも一致しないから。
(しつこいけどまだ書きますよ)


アフィリエイトをやってみて、1円にもならなかったけど、毎日充実して、燃え尽きた~♪という、
意味不明な自己満足に浸りたい場合以外は、さっさと教材を買いましょう。


そういうのは、ちょっと考えたら分かることなのに、
ネットビジネスでは、「徒歩」を選ぼうとする方がとても多いんです。


びた一文、投資はしたくないくせに、小さなプラモや20ピースほどのパズルではなく、
どでかい戦艦や5000ピースクラスの「成果」を求めるんだから、正直、手に負えません><
人からもらった宝くじが3億円当たらなかったからといって、
絶望して嘆き悲しむのと大差ないです。


で、生活できるレベルで稼ごうと思ったときに、最初に必要とされるお金なんて、
教材代とドメイン・サーバー代を入れても2~3万円もあれば十分なんです。
まぁ、いきなりお金を出すには躊躇する金額かもしれませんが、
人生をひっくり返して大逆転させるには、あまりにも安い金額だと思いませんか?


ほんのちょっと、生活の中で我慢をするとか、不用品をオークションで売るとか、
自己アフィリエイトをするとか(自己アフィリは後述します)で、
自由気ままな新しい人生を手に入れるすべが買えるんです。


教材とは、すでに稼ぎの道筋をつけた人の、ノウハウです。
販売者が、手探りで何年もかかって築き上げてきた仕組みや戦略、テクニックなどを、
お金で売っているんです。


本来なら、あなたも通らないといけないであろう、無駄足や無駄骨を、
一気に通り越して、ショートカットしてくれているんです。
数年分の苦労が1万円、2万円で買えるなら、早く買って、元を取ったほうがいいですよね。


それと、稼げたら教材を買います、というのは、あまりにナンセンスです。


言ってみれば、
「もうチョイやせたらエステやジムに行こう」
「もうチョイ偏差値が上がったら塾に行こう」
「もうチョイ風邪が治ったら病院にいこう」
って、言っているのとおんなじです。


どれだけ馬鹿馬鹿しいことか、想像がつきますよね。
「もうチョイ稼げたら教材を買います」と言っているうちは、教材代すら稼げません。


世の中のアフィリエイターの95%は、月5000円も稼げていないんです。
無料情報にしがみついて、2~3万円手に入れて教材を、
という甘い考えは、捨て去ってください。
永遠にこない「もうチョイ」のために、無駄な時間と労力を費やすのが目に見えていますから。


とはいえ、何でもかんでも買いあさるのも、無意味ですからね。
無料で済ますことができるものは、無料でいいのです。
PDF変換ソフトやFTPソフトなど、無料のもので十分です。
ノウハウだけは、無料では代用がきかないので、先に買いましょう、ってこと。


そのノウハウも、見つけしだいに買いまくるのではなく、
自分のやりたいスタイルに合ったものをよく吟味して買い、
買ったら数ヶ月はじっくり取り組んで、あれこれ浮気しないようにしましょう。


もちろん、事前にご相談くだされば、私のほうでも状況を見ながら、
アドバイスしますよ。


向き合うお客様は「人」であり、「PC」ではない


ネットビジネスをはじめた初期段階というのは、とかく孤独になりがちで、
つながりといえば、購入先のアフィリエイターさんだけだったりもするし、
情報発信自体も、まだ、感触がつかめなかったりして、
まるで、商売相手が「PC」であるかのような錯覚を覚えます。


例えば、ニュースキャスターは、相手にするのはテレビカメラですね。
カメラに向かってニュースを読めば、それが不特定多数の人に見られるわけです。
歌手やタレント、お笑い芸人も、テレビの収録では、
カメラに向かってパフォーマンスしますね。


彼らが、テレビを通じて、視聴者に訴えかけるから、
まるで私のために歌ってくれているとか、
私のためにおもしろい芸をしてくれていると感じます。


実際は、出演者が相手にしているのは、テレビカメラですから、
カメラ越しに、カメラの向こうにいる視聴者を意識してパフォーマンスしないと、
視聴者に気持ちを伝えるなんてできません。


そういう訓練を受けていない、一般人のインタビューや、一般企業の社長の記者会見、
新米コメンテイターなどは、視聴者ではなく、
カメラなり、記者なり、スタッフなりに意識を向けてしゃべりますね。
だから、視聴者は、「まるで自分に語りかけてくれている」とは感じません。


この図式は、ネットの世界でも一緒です。
ネットは、テレビと違い、双方向のやり取りが可能です。
だから、テレビに出演するより、はるかに身近に「人」を感じることができる媒体なんです。


にもかかわらず、「PC」相手の、視聴者を無視した情報発信では、
人の心に訴えることなどできませんね。
これでは「この商品、いいよ!」というあなたの声が、誰にも届かないんです。


あなたが向き合うのは、「PC」ではなく、「人」です。


気軽に双方向のコミュニケーションがとれる、ネットを介して、
人と人とのコミュニケーションを築くんです。
ここがクリアできないと、ネットを介して物を売る仕事はつとまりません。


ならば、有名芸能人でもないあなたが、
どうやって「人と人とのコミュニケーション」を作るかといえば、
「人脈」を作ることです。


手当たり次第、有名アフィリエイターに取り入るとか、
そんなんじゃなく。


目の前に来てくれた、たった一人の読者さんを大事にするってこと。


あなたが、ネットを介して、「PC」ではなく、
「人」のつながりを感じられるようになったとき、
あなたのビジネスは大きく変わっていきますよ^^


この本は、事業による収益だけで日本一の納税額を誇りながら、
お弟子さんにビジネスの成功を説いたものを、お弟子さんの目線で書き起こした一冊です。


最初から読んだ上でネットビジネスに取り組んでくれたら、
ずっと近道できるから、読んで欲しいけど、
でももし、あなたがこの先、行き詰ったりモチベーションが保てなくなったとき、
必ず光をくれる本だから、心のどこかに「もりりんの本」って刻んでおいてね。



今さらはじめたところで遅いんじゃないのか、という幻想


誰でも気軽にはじめることができるネットビジネスですから、
当然、こんな疑問がわいてくるのもうなずける話ですけど、
後からはじめたからといって不利になって1円も稼げないビジネスなんてありません。
ねずみ講じゃあるまいし・・・


実際、世の中に美容院がいっぱいあるから美容師になるのは不利だ、とか、
お菓子やケーキを作るのが大好きだけど、
世の中にケーキ屋さんがごまんとあるから、
今さら私のケーキなんて誰にも食べてもらえない、とか、


そんなわけ、ないですよね!?


後発組は稼げないんなら、新しいアイドル歌手や新人お笑い芸人は成立しませんし、
ユニクロやソフトバンクは繁栄できないってことになるでしょ?


ネットビジネスも同様です。


確かに、どんな世界にも、「先行者利益」は存在します。
先に道筋をつけて、開拓していった人にだけ認められる権利ですね。


けれど、先行者が苦労して会得したノウハウをさらっといただける後発組の方が、
どう考えても有利でしょ?


後発組みには、開拓時代にはなかった知識やノウハウがいともたやすく手に入るという、
強烈なアドバンテージがあるじゃないですか。


そもそも、「後発組だから稼げない」というのは、まったくの見当違い。
後発組だから、ではなく、ノウハウの実践や戦略にエラーがあるから稼げないだけ。


「大昔にタイムスリップできれば、小学生レベルの知識でもモノシリ博士になれたのに」的な
空想でものを言っているのと一緒です。


実際、私自身、2011年5月末からこの世界に参入しました。
後発組かどうかといえば、多分、列の最後尾だよね。
ウルトラ後発組です。


で、先輩に習いながら、良い教材を使って、ライバルとか関係なく、
目の前の読者さんと、楽しくわいわいやっているうちに、
徐々に人が集まり、稼げるようになりました。


ライバルがひしめいているのは、それだけ市場規模が大きいからです。
そして、あなたのライバルは、95%もの人がろくに稼げていないんです。
(まぁ、これをライバルとは言わないですよね^^;)


ライバルが多いから、不利だというなら、どんなビジネスもできないですよ?
ライバルのいないビジネスを探ろうとするのは砂金探しみたいなもんです。
それより、ライバルの上を行くサービスを提供する方法を探すほうが
はるかに建設的じゃないですか。


もうひとつ。ライバルの動向に振り回されているうちは稼げません。
ライバルではなく、目の前の読者さんに全力を注ぐからこそ、読者さんが集まるんです。
読者さんが集まれば、おのずとキャッシュポイントが生まれます。
ライバルが多い、後発だから、なんて、考えるだけ時間の無駄ですよ。


で、「今さらはじめても稼げるんですか?」というメールを下さる方には、
ある共通点があります。


それが、「考えるばかりで動こうとしない」ってこと。


ライバルが多いから、割り込めなかったらどうしよう・・・

今さらはじめても、ライバルにはかなわないから大して稼げないんじゃないか・・・

今さら参入しても、市場が飽和してるんじゃないか・・・


まぁ、やってみようと思ったネットビジネスで、すでに華々しく活躍されている方のブログや、
プロが作ったのかというようなきれいなサイトを目の当たりにしたら、
気後れしてしまう気持ちは分からなくもないですが。自分もそうだったし。


だから、ノウハウを買って学ぶんです。


わずかな期間で先行者のノウハウを吸収し、
効率よくライバルに負けない媒体を育て上げ、読者さんを集める方法を学べば、
努力と報酬を一致させることができるじゃないですか。


当然、初心者のうちは稼げませんよ。
でも、それって、「ケーキを作れないけどケーキ屋さんをはじめた」とか、
「英語をしゃべれないけど英語教室をはじめた」とか、そういうのと一緒で、
だったらできるようになればいいし、競合を追い抜くようなサービスを提供したらいいのです。


初心者でも稼げる方法、ではなく、
初心者ではなくなる方法を学ぶんです。


そして、それは、決して難しいことではなく、
過酷なチャレンジ、でもなく、等身大のあなたが、あなたでいられるための、
人生の中のわずかな期間だけに訪れる、
努力の時間を努力した人だけが得られるものなんですよ。




アフィリエイトとは?
情報商材とは
教材無料プレゼント
ネットビジネスというお仕事
失敗しないネットビジネス
ブログ・メルマガアフィリエイト入門



できる!SEO
文章力を鍛えよう
文章力を鍛えよう
ブランディングとは



アフィリエイトの準備をしよう
インターネットの仕組み
HTMLとは?
ブログを作ろう
ASPに登録しよう

サブコンテンツ

このページの先頭へ